2018年03月13日

家を所有する喜びとは?

人生を家のために犠牲にするのか

新築の平均価格は3,000万円以下で、自己資金を用意しても沢山のローンを抱えることになる。限度額いっぱいを長期間かけて返済する。


現金で購入できる人はごく限られているから、この住宅ローンによって最大35年間も早く自宅を購入することが出来る。


分割払いと金利を負担することで、時間をお金で買う訳だ。その替わりに長期間の支払いのため、自分の人生を犠牲にしなくてはならない。


一例をあげると、2,000万円に対する35年間の金利負担は、金利3%として12,327,400円で、総額32,327,400円にもなる。年間923,640円で、月額支払は76,970円となり、これを35年間続けることになる。これは35年間待てずに購入したペナルティ。


しかし、やっと手に入れた(所有権はまだ自分にない)折角の新築住宅も年を追うごとに劣化してゆく。きれいなのは最初のうちだけで、外壁や屋根、水まわりと順番に傷んでくる。


当然修理費が必要で、住み続けている限り費用負担は生じる。そこでさらにローンを組むとなると、毎月の費用負担額が増加する。


やがてローンを支払い続けながら住み続けた家も35年後には見るも無残な姿に変わり果て、資産価値がゼロとなる。


ここで注意したいのが、確実に毎月の支払いをできる保証はどこにもなく、病気やケガ、景気変動による収入減など、将来を見通せない問題も多いことである。


収入減となり家を手放すことになってもローン残高がペイできればいい方で、ローンがたっぷり残った家ならば売却しても借金だけが残る。


住宅が資産になるというのは幻想だった!?

「住宅は一生の財産になる」と建てるときは考えているが、ローンを支払い終われば資産価値は目減りしており、中途半端な物件なら全く割に合わない。


さらに、古い家は修理費かかり固定資産税も毎年徴収される。所有するだけで出費がかさむ。


こんなものを後生大事に持ち続けるのは無駄以外の何物でもなく、家を所有することは全く割に合わないことになる。


人口減少に転じた日本において、ローンを支払い家を購入するくらいなら、賃貸物件に住み続けた方がいいのかも知れない。


毎月の支払いが同じであれば、所有するリスクから解放されるし、常に新しい物件に住むことが出来る。


いくら頑張って所有しても、ある日突然手放さなければならない時が必ず来る。それも強制的にである。それは自分が死を迎える時である。そう考える、不動産を所有することがステータスシンボルであること自体、甚だ疑問になる。


いま私は歳を重ね、所有する欲望から解放されつつある。血眼になって所有することより、一つでも多くの経験や思い出を作る方が価値があると感じる。


経験や思い出は、世間や他人の価値観に依存しない。


それは無形の財産であり自分が内包しているもので、いざ死を迎えても一緒に持っていくことのできるものだと考えるからである。


posted by ヨッシー at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月08日

フレーバーコーヒーは苦手

いただき物のハワイのコナコーヒー。

                 IMG_1194.jpg


マカダミアナッツとバニラのフレーバーが楽しめる謳い文句のコーヒーだが、正直私の好みではない。


コーノ式でハンドドリップしてみたが、焙煎してミルにかけてから何日も経過しているのか、コーヒー豆が全く膨らまない。これを見た時点で、期待できる味ではないと分かる。飲んでみたが、やはり期待を裏切らず口に合わない。


私はどうもフレーバーコーヒーは苦手だ。


フレーバーを添加しなくても、コーヒー豆自体が持つ香りを楽しめるからだ。例えば、以前購入したパナマ・ゲイシャ。これなどは、本当に花の香り(すみれ)がする。生豆を購入し、自分で焙煎するからこそ楽しめる味だ。


ブレンドも何種類か試してみた。何度か失敗し自分で「これだっ!」と思える味にやっと行き着いた。しかし、これでも十分納得できるのもではない。


んっ!もしかしてこれは人生と同じではないか。正解がなく正解を求めようとするが、なかなか正しいと思える道が見つからない。それを探し求めているうち、人生の終わりを迎える。そう考えると人生はあまりにも短い。


posted by ヨッシー at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月06日

「ため息をつくと幸せが逃げる!?」

寒かった冬も終わり、いよいよ春。出張することが多い私にとって、大変にありがたい季節。同じ仕事をしていても、気候がいいと捗るような気がする。


さて、今日は購読しているメールマガジンに書いてあった「幸せ」の定義をご紹介する。重要だなと私が感じた個所は、アンダーラインを引いてみた。


以下、引用。

「ため息をつくと幸せが逃げる」といいます。本日のメルマガを読むとあなたがなぜ「不幸な人生を歩む」のかがわかりスッキリできます。実に簡単な方法でそれから逃れられることがわかります。


答えから言います。


脳の性質にあるのですね!


脳の性質とは「言葉」を使う仕組みです。例をあげてやさしく解説します。


43歳の女性が、不幸な人生を生きていてある夜、それを思い出しておもわず「ため息をつきます」。そんな時あなただったら、どう思いますか?「私ってなんて不幸なんだ!」って思わず実感しちゃいますね。


では、逆のことをいいます。思いどおりの人生とはなんでしょうか?


よく言われるのは、お金がいっぱいあって「寝て暮らしたい!」。


ここで、大切なことを言います。メモをとりながら、よくお聞きください!!!!!!


本当に「寝て暮らす」とは睡眠のことですから、その間のことは何も覚えていないはずです。人は皆、幸せになりたいと言います。そして「あなたの幸せとは何?」と問うと「寝て暮らしたい!」といいます。


でも、本当にそれが叶うと、何も覚えていないはずです。それだったら、死んでいるのと同じ。あなたの幸せとは?死ぬのと同じなのですか?


それに対して、不幸になるのは簡単です。


なぜなら面白くない日々があったとき、人々は「ため息をついて」自分の境遇を嘆くからです。


大切なことを言います。

【自分の境遇を嘆く】とは具体的にどういう状態を言うのでしょうか?


それは思い出し、言葉で記述して、そして記憶することです。例を出さなくてもおわかりですね?あなたは毎日それをしているはずです。もう一度言いますが・・・思い出し、言葉で記述してそして、記憶すること。


こんなことしていたら、そういう記憶が脳に強く定着するに決まっているじゃないですか!


それに対して「幸せな状態」とは?


寝て暮らせば「記憶に残りません」。もっと脳科学的に言えば、幸せなとき、脳内麻薬物質が出ます。つまり麻薬中毒状態と同じで、その時「ぼーっとしている状態」です。だからこれは記憶に残りがたいのです。これが不幸せの理由です。



解決策。答えは簡単。


幸せなとき、ふと我に帰って「あっ、『今』幸せだなっ!」と言葉にすることです。


おいしいものを食べているとき「おいしい」と言うことです。


解決策の意味。

キーワードは『ふと我に帰る』これは悟りを現わす言葉なのです。脳科学的に言うと自分を抽象化する。あるいデソシエーション(自分を客観的に見る)ですね。


本日のまとめ。


幸せなとき、「あっ今幸せっ」と自覚できるのは才能!


不幸せなとき、「あーー今不幸せっ」と自覚するのがあなた。

引用終わり。



如何でしょう。我々は、身近にある幸せに気付いていないのではないか。幸せを実感する解決策は簡単なようで、言葉にするだけでいい。これなら何時でも何処でも誰にでもできる。お金もいらない。


今無いものを数えるのではなく、今得ているものを数えるのも一つの方法。仕事、家族、友人など、それぞれに得ているものは沢山ある。そして人と比べるのではなく、あくまで自分自身の中で実感する。人と比べるとキリがない。また、これが不幸の原因になり得る。


人と比べることがなくなると、不思議と物欲も湧いてこなくなる。


どうせいつか手放す日が来るのだから、モノに執着する必要性も見当たらず、それ自体に意味も見出せない。


人生において何かを確立するには、一方を犠牲にする必要がある。私自身そうして生きてきた。あの時の選択があったから今がある。今も日々選択して生きている。それが正しいのか誤りなのかは私にも分からない。その答えが出るのは、人生を終えるときだろう。


人生折り返し地点は、40歳と言われている。これをすでに超えてしまった今の私。どうやら、ミッドライフ・クライシスに陥ったようだ。


いずれにせよ得たモノに感謝し、幸せを実感することにしよう。



posted by ヨッシー at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月01日

新規事業の立ち上げはパワーがいる

最近は新規事業の立ち上げで忙しい。


何をするのかと言うと、中古車の販売とリース業です。


もちろん古物商の営業の許可を申請中で、今月中には許可をいただける運びとなりました。


新規事業のため、全てが初めての体験であり、未経験の分野に飛び込むとなると多大な労力と神経を使います。


「いい歳なのだから新たなことにチャレンジするのはもうやめれば」と奥様に言われますが、残された人生の時間は短いので、もう一つや二つほど何かを成し遂げたいのです。


投資金額も大きいので、失敗は許されません。いつも背中に冷たいものを感じながら生きています。失敗しても命まで取られやしませんから、ここは開き直って前に進むしかないと思っております。


posted by ヨッシー at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月18日

新事業開始しました。

今年になって、また新たな事業を開始することになりました。新しモノ好きの私にとって鼓舞する思いです。


しかしながら、今回の事業は私一人では到底無理なので、信頼のおける2名の方を協力者として招き入れることにしました。なにせ、まったく知らない業界のことですから、経験者に任せた方が効率がいいに決まっています。


経営者として、「人」「モノ」「金」は用意しましたから、あとは思いっきり市場で暴れてもらうだけです。


新しい事業は今までになかったモノやサービスではなく、人々が過去から慣れ親しんだモノであり、買い手の立場やニーズに合わせたマーケットインタイプのサービスです。


貧相ですけど、お手頃価格で事務所をお借りすることもでき、滑り出しは上々です。この事務所がいいのは、日当たりがよく前の川でバス釣りができるところです。


少々遊び心を入れて仕事に臨む訳ですが、残された人生は短いので、真面目過ぎるのもよくないかなと最近思うようになってきました。


これからは楽しみながら仕事をして、その結果として皆様のお役に立てるように生きていければいいですね。

posted by ヨッシー at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記