2017年05月15日

マーケティングについて考えてみました

マーケティングで絶対成功する方法はないと思いますが、失敗する確率を低くすることは可能だと思われます。


人が商品やサービスを買うとき、何を基準に買うのでしょうか。少しでも安いもの、機能性のいいもの、デザインがいいものなど、基準は人それぞれにありますよね。ある人によって良いものでも、他人から見れば何の価値観すら見いだせないものもありますからね。


そもそも、同じモノでも人により価値観や判断基準は違いますから、全員にリーチできる商品やサービスを提供するのは不可能です。


例えば、「ももいろクローバZ」。ファンにとっては魅力的でしょうが、私にとってはただの人です(ファンの方ごめんなさい)。個人の名前すら知りません。おじさんになった証だと思いますが、みな同じ顔に見えます。その辺でアホ面下げてうろうろしている女子高校生と何ら変わりません。


価値観は人それぞれにあるからです。


では、なにを基準にして、モノやサービスは売れるのでしょうか。


それは、人が欲しいのは、購入した後に得られる想像したとおりの結果です。


たとえは、高級スポーツカーの代名詞であるフェラーリ。あの車、日本の公道を走るにはオーバースペックです。駐車場に困るし、車にいたずらされないかと、いつもドキドキしていなければなりません。小心者の私がこんなもの手に入れは日には、夜もおちおち眠れないでしょう。睡眠不足でアクセルとブレーキを踏み間違えて、コンビニの店舗に突っ込むかも知れません。


いらぬ心配や面倒は増え、おまけに高額です。しかし、富裕層に売れています。


なぜならば、そこには所有する喜びがあり、運転している自分の姿を想像しているからです。


街中で爆音を轟かせフェラーリを乗っていると目立ちます。人々は羨望の眼差しで見てくれます。「おれは成功者だ」「見ろ、こんな高級車を乗っているのだぞ」と、世間にアピールできます(下品な運転する人もいますけどね。あの車は制限速度を守り、ジェントルに走らせるのが大人です)。


買うときに、人々の羨望を集められるその姿を想像しているのです。


どんなに磯野浪平並みに髪の毛が薄くても、布袋様の様に醜く下腹が出ていても、お笑い芸人の井上裕介さん(ごめんなさい)の様に顔がブサイクでもいいのです。


本人は大満足していますから、マーケティングとしては大成功です。更に求めていた、所有する体験も出来るという訳です。


「ももいろクローバZ」だって、ステージで歌う彼女達の姿を見るという体験が出来て、幸せな気分に浸れます。決して所有はできませんけどね(時々独占欲が強い人が事件を起こします)。


いくらいいモノやサービスでも、そこから得られる結果の想像力を掻き立てられないと売れません。


そして、想像したとおりの結果が得られると考えたときに、報酬が支払われます。


よくできた経営者が言うセリフ「お金は後からついてくる」がこの考え方だと思います。


いいモノを作れば売れるのは間違いです。それは当たり前田のクラッカーです(古い)。


世間には似たような多くの商品やサービスが転がっているからです。想像した通りの体験が得られるモノやサービスの提供がいかにできるか。提供する側も、モノやサービスの向こう側にある得られる結果にまで視点を広げ、市場にリーチしないと売れません。


それと、自由市場においては、誰かが他の人を幸せにするような仕事をした者に報酬が支払われるのであり、自分を幸せにするために仕事をした者に報酬が支払われる訳ではありません。


あなたが提供したモノやサービスに対して報酬を支払うのは、あくまでそれによってメリットを受けた人達なのです。自分以外の誰も幸せにできなければ、一体誰が対価を支払うのでしょうね。


さらに、たとえ人が欲しがるものであっても、それがすでに世の中に溢れているものだったら、それを提供しても、誰も幸せになりません。今からマスマーケティングに弱者が参入しても、食べていくのが精一杯の消耗戦になります。これでは勝ち目はありませんね。消耗戦を戦い最後は死ぬだけです。今からショッピングサイトの市場に参入し「amazon」に勝てますか?細々とやるなら別でしょうけど。


多くの人が欲しがるモノやサービスでありながら、それを提供できる人間が少ないような価値あるモノやサービスが提供できなければ、報酬は期待できません。更には、将来に渡りモノやサービスが提供し続けられるスキルを身につけることも必要ですね。



posted by ヨッシー at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月24日

空調機の電力削減システム「SmartFit」のテスト導入開始【予定】

本日、某大手ラーメンチェーン店様にて、「SmarFit」のテスト導入を決定いただきました。


まず、1店舗からスタートして、結果が良好であれば順次各店舗にて導入を進めていただく予定です。


開始時期は5月中の予定で、テスト期間は6か月間です。削減結果につきましては、こちらで公開させていだきます。


削減結果が良好であれば、大きな省エネ、省コストが実現いたします。


取り付け工事は簡単です。面倒な電力契約や難しい操作も必要ありません。


本当に、スマートな機器です。


posted by ヨッシー at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2017年04月19日

業務用空調機の省エネ・省コスト

「SmarFit」は、エアコンの動作時間を調節して室内の冷暖房効果を維持しながら、電気の使⽤量を下げる装置です。


「SmarFit」は、動作時間を制御することで、消費電⼒を確実に削減することができ、室内の温度を⼀定に維持しながらユーザーに不快感がなく、節電効果も優れています( 15 〜 25 %削減)。快適な環境と省エネ、省コストに貢献することができます。


こちらの機器導入について、お客様のリスクを軽減するため、法人並びに個人商店様向けレンタルプランをご用意いたしました。


プランの概要です。


@初期投資はゼロ

A機器設置、工事費はゼロ

Bレンタル料は月々3,240円で期間は5年間

C月々のレンタル料は、削減できた電気代よりお支払い

Dレンタル期間終了後、機器はお客様のものになる


もちろん、取り付け可否や削減効果は、空調機メーカー、型式、リモコンパネルの種類により異なりますので、こちらは削減効果シミュレーション時にご回答したします。


また、各地域で販売をお手伝いただける「特約販売店」制度も設けております。


お気軽にご相談くださいませ。


posted by ヨッシー at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2017年04月11日

空調機の電力削減システム「SMARTFIT」の取扱いを開始いたしました

「SmarFit」は、エアコンの動作時間を調節して室内の冷暖房効果を維持しながら、電気の使⽤量を下げる装置です。


「SmarFit」は、動作時間を制御することで、消費電⼒を確実に削減することができ、室内の温度を⼀定に維持しながらユーザーに不快感がなく、節電効果も優れています( 15 〜 25 %削減)。快適な環境と省エネに貢献することができます。


エアコンのON/OFFスイッチをSmarFitが直接制御して、設定された時間でON/OFFすることにより電気の使⽤量をその時間だけ短縮することがSmartFitの基本原理です。


さらにこの運転間隔は、スマートフォンやPCから簡単に設定できるため設置場所の環境に応じて快適さを損なわないように調整することが出来ます。設置時間もわずか1時程度で完了いたします。


対象は、レストラン、カフェ、⾐料品、化粧品などのフランチャイズ店、学校、寮、病院、オフィス、⼯場など、業務用施設です。



(電力削減量の事例)※某マッサージ店

  導⼊前      63,528 kWh/年      1,461,144円 /年
  導⼊後      52,104 kWh/年      1,198,392円 /年
  削減量・金額   11,424 kWh/年           262,752円 /年


  

5年間のレンタルサービス(3,240円/月 税込み)により、機器購入と工事費用などの初期費用ゼロで電力使用量の削減を実現いたしました。


詳しくは、弊社までお問い合わせください。


                          IMG_2295.JPG

posted by ヨッシー at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2017年04月04日

ネガティブな思考を排除しよう

「お金がない」と言うのは、作る努力をしていないだけ。


「時間がない」と言うのは、生活習慣を変えていないだけ。


「機会がない」と言うのは、自ら行動していないだけ。


「簡単ではない」と言うのは、初めから諦めているだけ。


「経験がない」と言うのは、自ら経験を積む機会を潰しているだけ。


「分からない」と言うのは、まだ自分が踏み入れる余地がある領域を見ていないだけ。


「今すぐできない」と言うのは、ただ問題を先送りしているだけ。


「やる気が出ない」と言うのは、本気でやりたいと思っていないだけ。


「貴方のようになれない」と言うのは、自分を生かしていないだけ。


「変われない」と言うのは、現状を失いたくないだけ。


「人脈がない」と言うのは、今いる人との付き合いを止めたくないだけ。


「嫌われたくない」と言うのは、偽りの自分を演じていて自分に素直でないだけ。


「好きになれない」と言うのは、他にあるいい部分を見ていないだけ。


「資産がない」と言うのは、考える力を鍛えていないだけ。


「世の中は甘くない」と言うのは、他人が創った世界に服従しているだけ。


「挑戦できない」と言うのは、決断できないだけ。


「決断できない」と言うのは、失敗を怖れているだけ。


「失敗を怖れできない」と言うのは、後悔したくないだけ。


「後悔したくない」と言うのは、挑戦したくないだけ。


「全て自分は悪くない」と言うのは、自分の人生に責任を持たず、他人や社会に責任転嫁しているだけ。


全ては自分を正当化する言い訳に過ぎませんね。才無き者は努力しています。無い無い尽くしでその努力を怠る人は、死ぬほど頑張っている者に勝てません。これは当たり前です。死ぬまでに一度くらいは、死ぬくらいの努力をすべきでしょう。


新たな挑戦に成功は保証されていませんが、成長だけは保証されています。


幸福や不幸は、所詮結果論です。死ぬ間際になり、「あの時は良かったな」と思うものです。


今が大変で苦しくても振り返ってみたら「あの時やっておいて良かったな」と、言いたいものです。


posted by ヨッシー at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記