2017年04月11日

空調機の電力削減システム「SMARTFIT」の取扱いを開始いたしました

「SmarFit」は、エアコンの動作時間を調節して室内の冷暖房効果を維持しながら、電気の使⽤量を下げる装置です。


「SmarFit」は、動作時間を制御することで、消費電⼒を確実に削減することができ、室内の温度を⼀定に維持しながらユーザーに不快感がなく、節電効果も優れています( 15 〜 25 %削減)。快適な環境と省エネに貢献することができます。


エアコンのON/OFFスイッチをSmarFitが直接制御して、設定された時間でON/OFFすることにより電気の使⽤量をその時間だけ短縮することがSmartFitの基本原理です。


さらにこの運転間隔は、スマートフォンやPCから簡単に設定できるため設置場所の環境に応じて快適さを損なわないように調整することが出来ます。設置時間もわずか1時程度で完了いたします。


対象は、レストラン、カフェ、⾐料品、化粧品などのフランチャイズ店、学校、寮、病院、オフィス、⼯場など、業務用施設です。



(電力削減量の事例)※某マッサージ店

  導⼊前      63,528 kWh/年      1,461,144円 /年
  導⼊後      52,104 kWh/年      1,198,392円 /年
  削減量・金額   11,424 kWh/年           262,752円 /年


  

5年間のレンタルサービス(3,240円/月 税込み)により、機器購入と工事費用などの初期費用ゼロで電力使用量の削減を実現いたしました。


詳しくは、弊社までお問い合わせください。


                          IMG_2295.JPG

posted by ヨッシー at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2017年04月04日

ネガティブな思考を排除しよう

「お金がない」と言うのは、作る努力をしていないだけ。


「時間がない」と言うのは、生活習慣を変えていないだけ。


「機会がない」と言うのは、自ら行動していないだけ。


「簡単ではない」と言うのは、初めから諦めているだけ。


「経験がない」と言うのは、自ら経験を積む機会を潰しているだけ。


「分からない」と言うのは、まだ自分が踏み入れる余地がある領域を見ていないだけ。


「今すぐできない」と言うのは、ただ問題を先送りしているだけ。


「やる気が出ない」と言うのは、本気でやりたいと思っていないだけ。


「貴方のようになれない」と言うのは、自分を生かしていないだけ。


「変われない」と言うのは、現状を失いたくないだけ。


「人脈がない」と言うのは、今いる人との付き合いを止めたくないだけ。


「嫌われたくない」と言うのは、偽りの自分を演じていて自分に素直でないだけ。


「好きになれない」と言うのは、他にあるいい部分を見ていないだけ。


「資産がない」と言うのは、考える力を鍛えていないだけ。


「世の中は甘くない」と言うのは、他人が創った世界に服従しているだけ。


「挑戦できない」と言うのは、決断できないだけ。


「決断できない」と言うのは、失敗を怖れているだけ。


「失敗を怖れできない」と言うのは、後悔したくないだけ。


「後悔したくない」と言うのは、挑戦したくないだけ。


「全て自分は悪くない」と言うのは、自分の人生に責任を持たず、他人や社会に責任転嫁しているだけ。


全ては自分を正当化する言い訳に過ぎませんね。才無き者は努力しています。無い無い尽くしでその努力を怠る人は、死ぬほど頑張っている者に勝てません。これは当たり前です。死ぬまでに一度くらいは、死ぬくらいの努力をすべきでしょう。


新たな挑戦に成功は保証されていませんが、成長だけは保証されています。


幸福や不幸は、所詮結果論です。死ぬ間際になり、「あの時は良かったな」と思うものです。


今が大変で苦しくても振り返ってみたら「あの時やっておいて良かったな」と、言いたいものです。


posted by ヨッシー at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月28日

「イワンのばか」をどう読むのか?

「イワンのばか」という物語は何を語っており、これをどう読むのでしょう。


言葉どおり、「虚偽」「洗練」「冷酷」「裕福」「不労」ということよりも、その対にある「正直」「素朴」「温厚」「貧困」「勤労」の者の方が偉く尊いと言うのでしょうか。いま、世の中のリーダーシップを取り、人々を効率的に使い世界を動かしているのは前者であり、現代社会において後者は前者に負けてしまいます。


後者は前者に比べて自分の不遇さ認めながらも、どこかで認めたくない気持ちがあり、その表れとして「恨み」「妬み」「つらみ」「怒り」「恐れ」を知らず知らずのうちに持つことになります。


人々が神を信じ神をあがめているのも、人々が強者への怨念を隠しもっていて、それを晴らしてくれる超越存在を欲しており、その世界の中で強者は「悪」弱者は「善」の二元論で構成されるようになり、弱者はそこで心の安らぎを得ることになります。

 

物語の中で、「悪」である強者の声は弱者にとって雑音にしかすぎず、何を言っているのか言葉の意味さえ理解できません。しかし、打算的、保身的、戦略的思考に長けていることが大人には求められます。きびしい競争世界では、それらを身に着けていないと生きていけません。


「イワンのばか」を子供に読み聞かせるとき、イワンの王国の掟通り「働いて手にタコがある者だけ、食べる権利があり、手にタコのないものは、そのお余りを食べよ」と手を使い働くことの尊さ教えるのが正しいのか、それとも悪魔が言うように、「手で働くより、頭を使って働けば楽をして儲けることができる」のが正しいのかどちらでしょうか。


更には、もうこの物語のような世界観は終わりをつげ、人々が現代社会で生きるにはあまりにも幼稚過ぎるのでしょうか。



人はいかに生きるべきか。人の世はいかにあるべきか。


ニーチェは、人間の道徳を二つの類型に分けています。それは、支配者道徳と奴隷道徳です。人間というのは支配する立場(価値の創造者としての権威)に立つものと、支配される立場(支配者の付属物で自立していない)に立つものとに必然的に別れるのだとする見方です。


奴隷たちにとって「支配者は悪人であり、善人とは支配される自分たちのことである」と奴隷道徳は言っています。しかし、人類を向上させてきたのは、善人である奴隷たちではありません。人類を向上させてきたのは、悪人である支配者です。


人々が置かれたポジションにより、同じものでも「善」となり「悪」にもなります。どちらも正しく誤りでもあります。正解を導くことは誰にもできません。


では、これを子供達に教えるときは、どのようにすればいいのでしょうか。イワンと悪魔の考え方を両方教えて、あとは考えて貰うしかないでしょうね。


今の日本に必要なのは、社会全体を引き上げていくべき役割が期待される支配者なのかもしれません。


        51R719R36VL.jpg

posted by ヨッシー at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月22日

稼ぎ力は幼児期から身に着ける

学校では卒業の後、入学シーズンが始まります。そのような華やかな季節に水を差すようで悪いのですが、今の学校教育は時代遅れのように思えます。


今の学校教育は、高度成長期に実施された労働集約型産業にはもってこいでしょう。しかし、時代は大きく変化しています。多くの人が同じ場所に集まり同じ仕事をするような時代ではなくなりつつあります。


その証として、かつては日本のフラッグシップだった大手企業も、会社規模の縮小や事業からの撤退を余儀なくされています。なるべく組織に属さず自立していかねばならない時代です。


そのような時代の変化の中、現在学校で行われている暗記主体の教育では「自立する手段の確保」はできないかも知れません。


学校の先生から出された問題は必ず答えがあります。その仕組みの中で正しく答えられればそれで良しとします。そこでは、点数が高いほど優等生として扱われます。これは受動的な教育です。しかし、社会人になるとどうでしょうか。予想しない問題が、突然身に降りかかります。そこには正しい答えなどなく、幾通りも存在します。自分が導き出した答えが正しければ、社会人としてそれなりの結果(高い収入や地位)を得る可能性が高まります。もし誤っていれば、その反対になる可能性が高まります。


では、正しい答えを誰かが教えてくれるでしょうか。いえ、誰も教えてはくれません。自分で失敗しながら経験値を積み、自分にとって正しいだろうと思われる答えを導き出すしかりません。それも能津的にです。


学校では生きていくための方法である、「起業する方法」「金融機関から融資を受ける方法」「退職金の運用方法」「効果的な節税方法」など、教えてはくれません。現在の教育では、このように「本質的に考える力」が身に付かないことが問題です。


そして「本質的に考える力」は幼児期の早い段階で実施することです。一部例外はあるかも知れませんが、30歳、40歳、50歳になってからでは遅いのです。プロスポーツ選手は、幼児期から英才教育を受けています。その結果、高レベルな技術を習得できたのです。


これは人生にも言えることですが、生きる力を養い「稼ぎ力」を身につけるには、幼児期からの早い段階で「本質的に考える力を身に着ける教育」を行わないと厳しいのかも知れないのです。


今日の所得格差は、学校教育にも問題の一端があるのではないでしょうか。


posted by ヨッシー at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月14日

非効率な飛び込み営業

飛び込み営業では、新しいお客様のところへいきなり訪問し営業をします。


この営業方法は、営業する側もされる側も精神的苦痛は大きくなります。私にも経験はありますが、相手の機嫌が悪い時に遭遇すると、いきなり罵倒されます。


「帰れ!バカヤロー!」と、まるで虫けらでも扱うように。


これは本当の話です。人格まで全否定された気分になり、さすがに落ち込みます。


相手の立場を考えれば、そりゃそうですよね。冷静に考えると、パンフレットを置いて帰るだけならいいですが、いきなり商品やサービスの説明をされる訳です。いい気持ちはしませんよね。


そもそも、パンフレットを置いて帰るだけなら、わざわざ飛び込み営業しなくてもいいのではないでしょうか。自分が伝えたい情を相手の手元へ確実に届けることが目的ですなら尚更です。


そう考えると、郵送やメール便で発送する方法は確実ですね。


しかし、いくら郵送やメール便と言えど、いくらかのコストは発生します。なるべくなら効率的に行いたいものです。



そこで私は、アプローチしたい相手をセグメントする方法をとっています。セグメントは、購入者年齢性別職業などによって行われる区分です。


例えば、頭痛薬を販売したいと考えた時に、不特定多数に宣伝して効果があるでしょうか。


頭が痛くない人は買いませんよね。


実際に、頭痛薬が欲しいと思う人は、いま、頭痛で苦しんでいる人だけです。


いくら頭痛に悩まされていない人にアプローチしても、販売に結びつかないのは明らかです。


闇雲にアプローチしても、販売に繋がる保証はないのです。


では、どうするのか?


アプローチする相手を頭痛薬が欲しいと思われる人だけにセグメントをしたら、自分が相手の立場になり魅力的だなと思うキャッチコピーを作り、アプローチするのです。


因みに、最近の結果をご報告いたします。



廃棄物のリサイクル

20件発送→2件成約  反応率10%


除菌消臭液

36件発送→1件成約  2.8%


生ゴミ処理機

10件発送→1件商談中  反応率10%



この結果を見て、効果的かどうかを判断するのはあなた次第です。


少なくとも私にとって、飛び込み営業に比べて、必要最小限の経営資源投下で最大限の結果を得ることができました。


発送後何もしていません。問合せがあった時に初めてご説明するだけです。


お断りしておきますが、発送先に「資料は届いておりますでしょうか」や「ご覧いただいて如何でしょうか」と確認するのはご法度です。


気持ちは分かりますが、これは嫌がられます。これは、受け取る側の立場になれば明確です。


会社には、日々多くのダイレクトメールが届いています。その多くは、ゴミ箱やシュレッダーに直行です。なぜならば、受け取る側は必要性を感じていないからです。


これはアプローチする相手やセグメント化の失敗によるものです。しかし、それに負けてはいけません。こんなことは、当たり前にあります。


私も受取拒否され、発送したダイレクトメールを返送された経験があります。


あなたにも、一度くらいはゴミ箱に直行したことあるでしょう。こちらから発送するダイレクトメールだって同じことですよね。普通にゴミ箱へ直行です。


全く興味のない内容で、名前すら知らない会社から発送されたものです。自分が受け取る時はゴミ箱へ直行し、反対に自分が送りつける時は、反応してくれないと嘆く。これでは余りにも自己中心的です。


期待する方が間違っています。


運やタイミングの要素もありますが、発送した相手から反応がなければ、大方それは必要性を感じていないからなのです。もし必要性を感じたなら連絡をくれます。


人々が商品やサービスを求めるのは、それらを介して必要な結果を得たいからです。頭痛薬なら「頭痛を取り除きたい」のが求める結果であり、頭痛薬はその道具にすぎません。


あくまで商品やサービスによりもたらされる結果にフォーカスしていないと購入してもらえません。


人は結果が想像できない、すなわち必要性を感じないものには反応しませんからね。ここを理解しないと無駄な労力ばかり費やすことになります。


もし反応がなければ潔く諦め、作戦を練り直し次の相手を探しましょう。



人々が欲しがっていた物を欲しい時に届ける。長年の頭痛に悩まされている人に対し、頭痛薬を届けられるアプローチができれば最強ですね。しかし、ここが難しいところです。


一番いけないのは、頭痛薬が欲しくもない人に無理に売ろうとすること。押し売りされるのは誰でも嫌ですよね。自分がされて嫌なことは相手も嫌なのです。



市場の反応は正直です。


ゲーム上や机上理論ではなく、その正直に反応してくれる市場で反応を試してみる。


これほどダイレクトに、自分が試す方法を実証できる方法は他にありません。間違っていれば叩きのめされ、正解であれば果実を得る。まさに経営の醍醐味ですね。


最後になりますけど、決して我々は大企業が行うようなマスマーケティングを真似てはいけません。多額の資金回収が見込める反面、多額の投資が必要になりますし、あれは市場で大きなシェアを持つ会社がやることです。


自分に合った戦略を選ぶことが大切です。

posted by ヨッシー at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記