2019年05月20日

あおり運転をいかにしてやり過ごすか、大人の対応が求められる

特に高速道路ではそうですが、あおり運転のドライバーに遭遇することが多いですね。あれほど社会問題になっているにも関わらず、相変わらず乱暴な運転をする人はいるようです。暴行罪が適用されることもあり得る犯罪なのに、未だに遭遇します。そんなあおり運転に遭遇した時、私なりにあおり運転をする側の心理と、あおられた時の対処法を考えてみました。


あおる側の心理
制限速度があるにも関わらず、早くいけとばかりに前車との車間距離を詰めて走行するのは心理的・経済的にマイナスしかないと考えます。


車間距離が少ないため、全車が減速すればブレーキを踏み自分も減速しなければなりません。一定の距離を保てば急減速を回避できるのに距離を保たないのは合理的でない。減速後改めて前車との距離を詰めようとすれば、また大きくアクセルを踏むことになるからです。そうすると、燃費も悪くなりますね。


更に、前方の視界も制限され視野が狭くなり、この状態で運転していると大きなストレスになるのではないでしょうか。もし、前方にアクシデントが発生して前車が急ブレーキをかけたら、追突の可能性も高まります。車間距離を保っていれば、回避できたかもしれないのに。

あくまで想像ですが、その人たちの心理はこうなのではないでしょうか。

@自己中心的思考
思うようなスピードを出してくれない前車のドライバーは許せません。あおる人は、自分の中で決めた走りたい速度があるようです。そこにあるのは、自分の都合だけです。自分ペースで走行できないとなると、現状に不満を抱きます。そして、不満を解消したいのであおり運転をします。

社会人なら現状を受け入れなければならない時は、素直に受け入れることが必要です。これは、我がまま以外の何物でもありません。精神年齢が低いのでしょうか。これでは八つ当たりですね。いすれにしても、あなた様だけの社会ではありませんよ。

A責任転嫁
今、直面した思い通りにならない状況に対して、自分は悪くない、全て他人のせいだと思っているのかも知れません。自分は悪くなく、悪いのは全て他人。

乱暴な口調でいいますと「おらおらおら、ちんたら走っているんじゃねーよ」「もっとスピード上げんかい、こら!」と後ろから声が聞こえてきそうですね。どこかの社会主義国ならあなた様の様な方に従わなければなりませんが、ここは日本です。従う必要はありません。心なしかバックミラー越しに映る顔が、某国の指導者に似ているような気がしてなりません。

これはあなた様の心の問題です。理性がある大人なら、現状を全て受け止めてくださいね。それとも、お前のせいだと前車を粛清しますか?

B本当に時間がない
約束の時間に遅れそうになるから、前車をあおるのもあるかと思います。アポに遅れそう、急に呼び出された、ウンコが漏れそうなど、理由は様々でしす。しかし、それはあなた様だけにある理由です。前を走っているドライバーには何ら関係ないことです。

気持ちの余裕を持ちましょう。遅れるなら潔く認めましょう。そんな諦めの悪い嫌な表情で取引先に訪問し、満面の笑みを浮かべていても相手に見透かされてしまいますよ。どんなに車間距離を詰めてもそう時間は変わりませんから。たとえ前車をやり過ごしても、次の車が現れます。もし、ウンコが漏れそうなら、早めにコンビニでも入ってくださいね。


あおられた時の対処法
一般道で制限速度を守り普通に走っていても、あおられることがありますよね。車一台分もないほど車間距離を詰め、時にはセンターラインぎりぎりを走り、さも速くいけとプレッシャーをかけてくる。あおられている方はそのような後車に遭遇すると心中穏やかでいられませんよ。

なにせこちらは、流れに乗って普通に走っている訳ですから、なんら咎められる筋合いのものではないはずです。流石に制限速度50kmのところを30kmで走行していれば迷惑ですが、流れに乗って走行していています。

ふとバックミラー越しに後方を確認すると、品の悪そうな顔が見えます。車間距離を詰め右に左に忙しい運転をしています。何をそう急いでいるの分かりませんが、全車1台をあおったところで到着時間に大きく変わらないのに、よほどの緊急事態なのでしょうか。でも、そう大したことをしているような人には見えませんが・・・。

しかし、運悪く遭遇してしまった以上、仕方がありません。そんな時の私の対処法です。

@バックミラーを見ないようにする
自分の視界に入るから、プレッシャーを感じる訳です。視界に入らないようにすれば、この世に存在しないのと同じです。しばらくは前方に注視して過ごします。後ろからぶつけてくることはないですから、マナーのなっていない可哀そうな人だと思いながら放っておきましょう。

相手は、思考が幼稚な大人なのです。頭の中は子供で身体は大人。名探偵コナンと正反対の人ですね。

A人間だと思わない
人だと思うから腹が立つのです。ルールすら守れない、いや、社会ルールの存在を知らない動物だと思いましょう。人の姿をした野獣がハンドルを握っていると思うのです。無視するに限ります。

文句の一つでも言ってやろうかと思わないようにしましょう。言葉が通じないため、文句を言うのは大変危険です。逆らうと攻撃してくる可能性さえありますから。それに、時間の無駄です。自分の時間チャージを考えて行動しましょう。

野獣には時間チャージの概念はありませんからね。

B回避する場所があればやり過ごす
コンビニに入るなり、もし左側に広いスペースがあるなら後続車をやり過ごします。とにかくこれで解決できます。私の前にいた車が被害に遭うかもしれませんが、それは止むを得ません。

でも、やり過ごした後、信号待ちで前にいたなんてことはよくあります。車間距離を詰めてイライラしながら運転しても、それほど早く到着できないのです。


世の中は、自分の思い通りに行かないことが多いのです。思い通りにいかないなら、現状を肯定できる人がカッコいい大人ではないのでしょうか。自分がされたら嫌なことは他人にしないことです。


もし、あおり運転をする人の隣に最愛の人が乗っていたとして、そんな運転を見た時どのように感じるのでしょう。がっかりすることあっても、決して上品な大人だと思えませんよね。


人となりは様々な方法で確かめることが出来ます。運転の仕方もまさしくそうで、性格が表れます。そんな人は、プライベートでも多くの問題を抱えているように思えます。

続きを読む
posted by ヨッシー at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月15日

求人募集しても人が集まらないのは会社側に問題があるのかも

株式会社ZOZOの求人戦略は素晴らしいですね。


ZOZOバイト改革


バイト募集の広告ですが、すでに目標人数を達成しています。知名度の高い企業であることを割り引いても、これだけ低コストで効率的に求人募集ができる時代になったのです。


こうなると、求人チラシ、ハローワークも時代遅れのアプローチ方法に思えます。


特にハローワーク。ハローワークは民間企業ではなく、国が運営する無料職業紹介事業です。どうしても役人気質が抜けず、担当者によっては対応が悪く、マッチング率も低いようです。それに、こちらからわざわざ出向いて面談する必要があり、土日は休みで求職活動ができない。


そもそも制度が古く、今の時代にマッチしていないのではないか。あるサイトによると、働き手を探している企業が働き手を確保できた割合、充足率(就職件数/求人数)が8.7%です。これでは・・・。


それに求職者の中には失業保険の給付を受けていて、実質的には働く意思のない者も含まれ、一方の求人にはハローワークからのお願いで求人票を提出しているだけのカラ求人も含まれているからです。これでは、制度を守り維持していくためだけに存在しているとしか思えません。


これからは、終身雇用の終わりが始まることで雇用環境が変化するはずです。いずれ正社員の解雇規制にメスが入れられることでしょう。


現状は、会社側からの解雇するにはハードルの高い要件を満たさなければならない。実際には、会社側から解雇するのは不可能に近い要件です。こうなると企業は正社員を守るため、非正規雇用者を調整弁とするしかない。できない正社員を守るために、できる非正規を切るのです。これを緩和することにより労働力の流動性が高まり、より優秀な人材を確保しやすくなるのではないかと。


これからは、企業側としては「ここで働きたい」と思えるような環境を作る。働く側は必要とされる人材になるように努力する。ハローワークに出向き「何かいい仕事ないかな」ではいけない。


posted by ヨッシー at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月14日

終身雇用の終わりの始まり

経団連会長の中西氏の発言に続き、今回はトヨタ社長の豊田章男会長が終身雇用についての発言。


最後の砦感があった製造業も制度疲労に陥り、終身雇用ができなくなっています。国際経速力が低下し、多くの人材を長期間雇用することが困難になり、会社の存亡を図るためには仕方ない決断です。それに国が65歳、70歳まで雇用しろと圧力をかけているのも一因でしょう。終身雇用はすでに終わっていたのですが、トヨタが正式に発言したことが衝撃的です。


これは正規社員、非正規社員の壁が取り払われ労働環境が流動的になり、やる気のある人にとってはチャンスかも知れません。


一番困る人は終身雇用にしがみつき、会社でフリーライドしていた人です。〇〇歳あたりの人は、低賃金で長時間労働してきた分を年功序列制度で後から回収することが、いよいよ困難になりました。終身雇用を守るのが困難になれば、国の社会保障制度にも大きく影響してきます。


この時代変化の流れは大きい。後で変化に気付いて慌てても、茹でガエルになってしまってからでは遅い。


今後はこの様な環境変化において不満を述べるのではなく、起きてしまった変化を見つめ、自分の市場価値を高めていくしかありません。このニュースを見て「これはマズイな」と思った人は、即行動に移していきましょう。

posted by ヨッシー at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月13日

残業するのは美徳ではないですから

日本人の労働生産性の悪さは半端ないですね。押印文化があり、社内の決済は全て紙で決済。その紙をファックスで送信する。送信した書類はファイリングする。決済は上司が放置していれば何も進まない。生産性を上げるため業務の効率化を図ろうとしても変化を嫌い、以前のやり方を変えようとしない。決済までとにかく時間がかかり、全体の動きも遅い。


お金が欲しいなら、1分でも早く決済すればいいのになと思います。中には人材を消耗させているブラック企業も多く、私が経験してきた中にも真黒な会社はありましたね。


これは以前、妻の身内が集まった時に上がった話題です。妻の妹の夫である〇〇君はサラリーマンです。毎日夜遅くまで仕事をしています。そこで妻の母親(義母)が、皆の前で〇〇君に言ったセリフがこうです。


義母「〇〇君は毎晩遅くまで働いていて偉いね」「毎日大変やね。よく頑張るね〜」

〇〇君は褒められて、まんざらでもなさそう。

私「・・・・」

義母「〇〇君は働き者やね」「休日もなく働くなんてね〜」「すごいね〜」

私「・・・・」

義母「達也さんもそう思うでしょう?」

うわっ!突然話を振られても困るよ。でも答えないといけない。

私「え、え〜。そうですね、すごいですね」「毎晩遅くまでお仕事なんて、大変だと思いますよ」と仕方なく話を合わせておきました。でも腹の中では、「私には絶対無理」「私ならそんな会社なら早く辞めるけどな」と毒づいてましたけど・・・。


夜遅くまで働くのがいい?いえ、これ違いますよ。労働生産性が悪すぎるか、一個人に負担がかかりすぎていることが問題でしょう。経営者のマネジメント力のなさを物語っていますね。


私は遅くまで働きません。疲れて頭の回転が鈍くなるからです。


でも、〇〇君の働き方は義母にはどう映っているのでしょう。夜遅くまで働くのは、素晴らしいと映っているのでしょうか。比べるのは失礼かもしれませんが、私の方が断然稼ぎが上です。働く時間も〇〇君より短い。労働生産性を考えれば、やることをやって早く終わらせ同様の結果が出せたなら、その人の方が素晴らしいのです。それが、仕事の出来る人なのです。


仕事しているフリをして、だらだらと会社に長時間いる必要はありません。結果が出たなら、とっとと帰ればいいのです。中身を見直さないから、長時間働かなくてはいけないのです。自分から変えていかないと、いつまでたっても浮かばれませんよ。


長時間労働が日常化し、感覚がマヒしてしまったらおしまいです。義母世代のように、毎晩遅くまで休日もなく働くことを美徳とする感覚は、もう時代遅れなのです。


ここで憂慮するのは、義母のような感覚を持った世代が未だ第一線で活躍していることです。さすがに今の若者が、こんな考え方する経営者の下で働くのは無理でしょう。雇用のミスマッチの一因としてあるのではと考えます。これはお互いにとって、不幸以外の何物でもありませんよ。


現代は業種によりますが、わざわざ出社しなくても仕事できる環境が整っています。モバイルが充実しているのですから、もっとテレワークを推奨すべきだと思いますね。


今思い出しましたけど、私が以前勤めていた会社の経営者も、早く退社するのは悪だという感覚でした。


私が19時頃に退社しようとすると、社長から決まって「もう帰るのか?」「早いな」と嫌味をいわれる。いやいやいや〜、もう一回言います。いやいやいや〜、その感覚おかしいでしょう。やることやって結果を残しているのですから、帰らせてくださいよ。


早く帰ることで翌日のパフォーマンスが上がるじゃないですか。疲れた体では、仕事でミスするかもしれませんよ。まっ、そんなこと分かっている経営者なら、遅くまで仕事しろとはいいませんけどね。

posted by ヨッシー at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月28日

雇用を守れなくなった企業

いや〜、まさかね。一生安泰だと信じていた企業でも、リストラが進んでいますね。それも、そうそうたる顔ぶれです。



私は以前サラリーマンに憧れていました。いや、サラリーマンでした。スーツを着てネクタイを締めて、毎朝決まった時間に会社へ出勤して、そこで仕事をする。時には残業や休日出勤もありますが、会社のお姉ちゃんといい関係になれ、毎月定期的にお給料が振り込まれる。夢のような?仕事です。


当時の上司に質問された記憶があります。「吉田君、君の夢は何かね?」「私の夢は、家を建てることです」「そうか、それならその夢に向かって今何をすべきかよく考えて行動しなさい」「わかりました」このようなやり取りだったと思います。


その頃は会社勤めをずっと続けるつもりでした。よし!家を建てるぞ!と夢を見ていました。しかし、仕事が忙しい。仕事に忙殺されると、どうでもよくなります。冷静に考える時間もなく、とにかく目の前の仕事を片付けることしか頭になかった。


自由に使えるお金もなく、結局、個人的問題もいろいろあり、よ〜く考えた結果、



会社を辞めることにしました(笑)。


今思えば、思い切って会社を辞めて正解でした。あのまま会社に在籍していたら、恐らく立てられても犬小屋程度だったでしょう。


当時はそれが、幸せの形であったように思います。会社員にあるのが当たり前で、自営業者や職人は生活が安定しない業種として見ていた人が多かったのではないでしょうか。


ところが今は、その考えは通用しない世の中になりつつあります。会社員であれば、無条件に会社が守ってくれるから何の心配もいらないと信じることができましたが、それも今では過去のもの。大企業がリストラする時代が到来するとは夢にも思わなかったですね。


そういった時代に突入した以上、現実として直面することもある。悲しいかな会社から戦力外通告を受けたら、潔く受け止めるしかない。会社が雇用を守れなくなったのです。


特別なスキルがあればいいが、会社内だけで通用していたスキルでは、他社へ行けば全く通用しないことは多々ある。


そこでいつそうなってもいいように、日々自分が一個人として通用するようにしておかなければならい。


常日頃から、いつでもバッターボックスに立てるよう準備し、チャンスが来た時にボールが打てるような状態を保っておく。目前にチャンスが来てから準備するのでは遅い。ボールが目の前を通り過ぎてからでは、ボールを打てない。この考え方が大切ではないかと。


過去に、植木等さんが歌っていた「サラリーマンどんと節」という歌がありましたね。「サラリーマン気楽な稼業ときたもんだ・・・」と。


今ならこんな考え方では、完全にリストラ対象者ですね。この頃はオリンピック景気で年間成長率が10%を超えていたようです。当時は高度成長期で右肩上がりに経済成長していた時代です。世の中ではモノを作れば売れ続け利益が上がる。その恩恵を受けた企業では労働力を継続的に確保するため、終身雇用、年功序列が当たり前になる。とにかく企業に属すれば一生安泰でした。


しかし、 近年、ソーシャル、モバイル、IoT、ビッグデータ、クラウドなどの出現で企業をとりまく環境とビジネスモデルが大きく変化し、そのビジネスサイクルも大変早くなってきています。もう、古き良き時代に戻れません。


「あの頃はよかった」とノスタルジックな感傷に浸っている場合ではない。例えるなら、別れた恋人に想いを馳せ、今でも戻ってくればいいのにと考えているようなものです。いずれ日本人も、海外へ出稼ぎに行かなければならない時代になりますよ。


果たして2020年のオリンピックは、過去同様に我々国民がオリンピック景気の恩恵を受けることが出来るのでしょうか。

続きを読む
posted by ヨッシー at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記