2013年08月27日

新商品の発売



いよいよ小社より、9月1日から新商品の発売開始をいたします。



商品名は「モイスチャーわんっ」で、犬や猫の肉球や被毛ケアにお使いいただける、ペット用クリームです。



パロマローザの優しい香りが、飼い主様とペットを優しく包み込みます。



販売価格は、1本2700円(税込)で、専用のウェブサイトも改めて制作いたします。但し、ウェブ上でのご注文は、ウェブサイトが制作されてからとなります。発送方法は代金引換ゆうパックのみで、送料と代引手数料を別途頂戴いたします。



やっとここまで辿り着きました。新商品を販売するのは大変ですね。



フェイスブックでもご紹介しておりますので、「いいね」を押していただければ幸いです。

 モイスチャーわんっフェイスブック


私のページもついでに、

  吉田達也フェイスブック


どうぞ、宜しくお願いいたします。



posted by ヨッシー at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2013年04月05日

「淡海のもり」で掲載いただきました。



滋賀県森林CO2吸収量認証制度の証書交付と、琵琶湖森林づくりパートナー協定地における森林整備活動の模様を、林業近江「淡海のもり」で掲載いただきました。



Scan1.PDF



実績をご紹介していただけるのは、有難いですね。


「参加してよかった」と、思える時です。


こういった活動を促進させるには、インセンティブを働かせる仕組みをどう構築できるかでしょう。


ボランタリーな活動では、特にその傾向が強く出ます。


上手く仕組みが構築できれば、企業や個人参加が促進されるのでしょう。合理的な理由に基づき、経済的利益を受けられるのも、参加理由の一つかも知れません。


受け止め方で違ってきますが、活動を告知していただけるなら、広告宣伝費として安いものだと思います。


おっと失礼!これは打算的な考え方でした。








posted by ヨッシー at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2013年03月27日

フッ素樹脂・スーパーエンプラ買取価格



新着情報でも公開しております、フッ素樹脂とスーパーエンジニアプラスチックの買取価格を、ブログでも公開いたします。




買取価格は社会情勢によって変動いたします。2013.3.26時点での買取価格となりますが、価格には社会情勢の変化に伴う変動が生じますことを、あらかじめご了承ください。



フッ素樹脂

グレード

価格
PFA400円/kg 〜 800円/kg
FEP200円/kg 〜 500円/kg
ETFE300円/kg 〜 600円/kg
ECTFE300円/kg 〜 600円/kg
PTFE 50円/kg 〜 100円/kg




スーパーエンジニアプラスチック 
グレード価格
PEEK200円/kg 〜 400円/kg
PEI100円/kg 〜 200円/kg
PES 50円/kg 〜 100円/kg



*価格の幅は、メーカー、グレード、粉砕か未粉砕、数量、保管状態、引取地等の違いで変動いたしますのでご了承ください。

*お問い合わせの際は、上記情報と保管状況の写真をメールにてお知らせください。弊社までサンプルを発送いだだけると助かります。

*対象樹脂以外の複合素材品は、買取不可となりますのでご了承下さい。また、エッチングされたものも、お気軽にご相談下さい。



全て国内で再利用いたしますので、製造者責任の観点においてリスク回避に繋がります。


是非、ご利用下さい。





posted by ヨッシー at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2013年03月21日

小型家電リサイクル法



平成25年4月1日から、小型家電リサイクル法が施行されます。小型家電のリサイクルは何故必要なのか?



環境省の動画チャンネルで、分かり易く説明していますのでご覧ください。


http://www.youtube.com/user/kankyosho?feature=watch



各種ガイドラインはこちら 



限りある貴重な資源を無駄にしてはいけません。海外に輸出している行為は、資源輸入国にも関わらず貴重な資源を再利用出来ないだけでなく、日本国外で環境汚染を引き起こす原因になっています。



目の前から消えればそれで良しとするのではなく、国内で有効利用できる適正なルートに出すのは、一国民としての責務です。安易に無料回収業者に引き渡す行為は、その責務を全うしていないに等しいと思います。



と、環境影響を考えればそうですけど、経済的合理性を考えなければいけません。



因みに私の地元彦根市では、来年度も参加意向はないそうです。次年度も粗大ごみとして資源化するそうです。



どうやら理由は、経済的合理性があるかどうかです。市民の負担増があるのか、認定事業者が事業として採算がとれるのかが問題です。



リサイクルという言葉以前に、経済的な問題があります。どうやら工場を新設し新規参入することは困難な様子で、既存のリサイクル業者がついでに行うのが現実的でしょうね。









posted by ヨッシー at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2012年11月06日

CO2吸収証書授与式にて



11月4日に野洲文化ホールにて認証授与式があり、認証書を頂戴いたしました


認証書授与


我々が参加しております森林協定地において森林整備を行う中、滋賀県よりCO2吸収量の認証を吸収証書というもので、見える化していただいたのです。

この度は3社のJVという形で参加しており、各年度毎に3枚の証書を頂戴しております。

小社は一番事業規模が一番小さいため、3枚の内の1枚である写真の証書をお預かりしました。

こちらがその吸収証書です。


 
   __.JPG
    
  

この証書はヒノキででできておりまして、木に印刷できるプリンターで印刷してあります。温かみある、お洒落な証書で、如何です?大変素敵でしょう。



森林政策の失敗


日本は戦後の復興需要で木材の需要が急増しましたが、供給が追い付かず価格も高騰しました。国内木材を建築材として需要が大きく見込めるため、政府は造林を行うため昭和20年〜30年代の拡大林業政策を行います。

その反面、建築ラッシュによる木材の供給不足を補うため、国は昭和39年の木材輸入自由化を行います。

自由化により国内需要を賄うことはできましたが、しかし、国内木材市場価値の需給バランスが崩れ、国内の木材は高価で、安価な外国産に対し市場の中で対抗できなくなります。

その結果、国内の林業経営が採算に合わず、林業経営者のモチベーションも低下し、国内林業が衰退する結果となったのです。


従って森林整備が疎かになり、森林の持つ他面的な機能が発揮されず、防災機能も果たせなくなり荒廃の一途をたどります。

例えば、豊な海産資源の恵みを受けられるのも、豊な森林があるからです。人々が生活する上において、森林は大変重要な役割を持っているのです。

 *森林・林業学習館 ウェブサイトより



林業に従事すること


我々が行う森林整備作業は年に数回です。間伐、枝打ち、下草刈り程度ですが、2〜3時間もするとヘトヘトです。この作業に職業として従事するには、並大抵の覚悟ではできません。

こうした表舞台に立たない地道な作業により、森林は守られていくのです。

林業従事者もご他聞に漏れず、高齢化が進んでいます。時期世代への技術の伝承、職業林業として生計が立てられる林業経営の仕組み、国内産木材の活用の推進など、課題は山積しております。



今後において


経営的コストが割に合わないのなら、採算がとれるような施策が必要ですね。しかし補助金頼りでは、限界があります。

需要を促進させる何らかの仕組みが必要です。出来る限り国内産の木材で出来た製品を購入するのも一つの方法でしょう。

我々が参加している「琵琶湖森林づくりパートナー協定」に、積極的に参加すことにも意義があります。

収支決算も行われない、使途不明な団体に募金をするくらいなら、使途が明確であり、我々の生活に大変重要な役割を持つ森林事業に寄付をする方がいいでしょう。

この資金が森林整備に還元され、森林整備が活性化されるからです。


パートナー企業も、我々が参加した頃より増えております。これからも取組が拡大することを期待します。



   photo (1).jpg





posted by ヨッシー at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2012年04月25日

ポピュリズム

メディアの露出が大きいと、どうやら大衆はそちらの方に意識を傾けるようだ。○○スター、今年の流行色、私生活をネタにする芸人、断言型の発言をする政治家・・・数え上げたらきりがない。

それは全て、特定の物だけクローズアップさせ、露出度を大きくして大衆を欺く行為。仕掛けられた似非ブームに乗ってはいけない。特に政治において人々は、いとも簡単にポピュリズムに騙される。

騙されるのは本気で「民意を反映したい」「国を変えたい」と思っておらず、適当に選んでいるからではないかとも思う。

タレント議員や○○チルドレンの様な、何も知らない人に政治を任せることが果たしていいのですか?

民主主義は国民が主権者であり、議会制民主主義はその国民から選出された議員に、国民の意見を代弁してもらう制度だ。国民全員が意思決定機関において参政できないから、歳費を払い選ばれた人にお仕事をしていただく。

その議員に資質がなければ、残念ながら民意は反映されず、我々が信任していない役人に誘導されるだけ。

本当に志のある人に目を向けていただきたい。

 現代ビジネス

これを読めば分かります。乱暴なロジックで申し訳ないが、世の中がおかしいのは事実です。皆さんもそこはお分かりですよね?



posted by ヨッシー at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2012年04月16日

エコペイント

小社がコンサルティングしておりますエコペイントネットワーク様は、各地域を代表する塗料トップディーラで結成されました。

塗装工事において、環境負荷をいかに軽減するか、また社会に対しどのような形で環境貢献できるか、日々取り組んでおられます。

基本理念は、こちらです。

エコペイントネットワーク(EPN)では、建築塗料を主体とした都市型塗料販売店が、地球環境保護を切り口に業界のネットワークを強化し、塗料や塗装を起因とする様々な環境問題を解決する為に、会員が協働し、環境保全に関する活動を行なうことを目的とする。

専門知識や活動ノウハウを研修で伝え、塗料流通・塗料工事全体の環境活動の輪を広げるという素晴らしい取組みです。

同じ商品を買うなら、同じ工事を行うなら、環境に配慮した経営を実践している企業から選択していきたいものです。

EPNウェブサイト http://www.ecopaintnetwork.com/
posted by ヨッシー at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2012年04月11日

中小企業を侮るなかれ

大手企業や有名企業ばかりが会社ではない。規模が小さくても、日本には素晴らしい中小企業がある。

実直な人柄で、人々のお役に立つという心構えがあれば、規模の大小は関係ない。

東日本大震災で、被害に遭われた地域は広範囲に渡る。インパクトの大きい方へどうしても視点が行きがちだが、困っている人は大勢いる。

そんな人々を一人でも多く助けることができる仕事。

 

実は私、先日ご縁があってこちらの代表とお話しする機会を得た。

困っている人々のため、全国展開を語るその姿に熱いものを感じた。全国展開の成功を祈りたい。

私共として「是非何らかの形でお役にたてれば」と、そう思わせる貴重な時間だった。
posted by ヨッシー at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2012年01月27日

よく考えよう

夢は生きる為の原動力となりうるもので、それを叶える為に人は努力する。それは儚く、また蜃気楼のように追い求めれば追い求める程遠のくが、計画と努力により引き寄せる事は可能だ。

現金があれば何とかなるものでもないが、手っ取り早く夢を叶える(夢=現金 ここで間違いを犯している)ため、そこで宝くじを購入するのも一つの方法か?

宝くじの高額当選金は魅力的に映る。

総務省は国民の射幸心を煽るように、「総務省は21日、低迷する宝くじの売り上げ回復に向け、くじ1枚当たりの金額の100万倍までと定められている1等賞金の上限を250万倍に引き上げる方針を決めた。一般的な1枚300円のくじでは、上限が3億円から7億5千万円にアップし、前後賞も合わせればさらに高額な賞金が実現する可能性もある。 総務省は当せん金付証票法改正案を通常国会に提出、3月末までの成立を目指す。」と発表した。

しかし騙されてはいけない。これを読めばいかに官尊民卑かが良く分かる。

宝くじ問題検討会(第1回)

宝くじは当選金に目が眩んだ人々より徴収する税金。払戻金や収益構造、使途を見てこれでも買いますか?宝くじは「愚者の税金」と言われる所以はここにある。

役人は、高額当選金をちらつかせれば売り上げがアップするとでも思ったのか。馬鹿にされているのに気づかなければ・・・

洗脳されてはいけない。全てを鵜呑みにせず、自分の頭でよく考えよう。
posted by ヨッシー at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2011年05月25日

有機化合物処理用触媒

新製品が、日の目を見る時が到来した。

有機化合物処理用触媒「かすみ(化炭)」がプレスリリースされました。

   DSC_0189.JPG

有機物を、窒素、水、カーボンに化学分解する触媒。処理されたカーボンは勿論有効利用が可能です。

微生物分解による堆肥の様に肥毒の心配もなく、高温下での処理でもなく、異物混入に細心の注意を払う必要もない。不思議な触媒。

食品廃棄物の減量化に貢献できればと思うが、それは今後の事業スキームにかかっている。
posted by ヨッシー at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース