2017年03月28日

「イワンのばか」をどう読むのか?

「イワンのばか」という物語は何を語っており、これをどう読むのでしょう。


言葉どおり、「虚偽」「洗練」「冷酷」「裕福」「不労」ということよりも、その対にある「正直」「素朴」「温厚」「貧困」「勤労」の者の方が偉く尊いと言うのでしょうか。いま、世の中のリーダーシップを取り、人々を効率的に使い世界を動かしているのは前者であり、現代社会において後者は前者に負けてしまいます。


後者は前者に比べて自分の不遇さ認めながらも、どこかで認めたくない気持ちがあり、その表れとして「恨み」「妬み」「つらみ」「怒り」「恐れ」を知らず知らずのうちに持つことになります。


人々が神を信じ神をあがめているのも、人々が強者への怨念を隠しもっていて、それを晴らしてくれる超越存在を欲しており、その世界の中で強者は「悪」弱者は「善」の二元論で構成されるようになり、弱者はそこで心の安らぎを得ることになります。

 

物語の中で、「悪」である強者の声は弱者にとって雑音にしかすぎず、何を言っているのか言葉の意味さえ理解できません。しかし、打算的、保身的、戦略的思考に長けていることが大人には求められます。きびしい競争世界では、それらを身に着けていないと生きていけません。


「イワンのばか」を子供に読み聞かせるとき、イワンの王国の掟通り「働いて手にタコがある者だけ、食べる権利があり、手にタコのないものは、そのお余りを食べよ」と手を使い働くことの尊さ教えるのが正しいのか、それとも悪魔が言うように、「手で働くより、頭を使って働けば楽をして儲けることができる」のが正しいのかどちらでしょうか。


更には、もうこの物語のような世界観は終わりをつげ、人々が現代社会で生きるにはあまりにも幼稚過ぎるのでしょうか。



人はいかに生きるべきか。人の世はいかにあるべきか。


ニーチェは、人間の道徳を二つの類型に分けています。それは、支配者道徳と奴隷道徳です。人間というのは支配する立場(価値の創造者としての権威)に立つものと、支配される立場(支配者の付属物で自立していない)に立つものとに必然的に別れるのだとする見方です。


奴隷たちにとって「支配者は悪人であり、善人とは支配される自分たちのことである」と奴隷道徳は言っています。しかし、人類を向上させてきたのは、善人である奴隷たちではありません。人類を向上させてきたのは、悪人である支配者です。


人々が置かれたポジションにより、同じものでも「善」となり「悪」にもなります。どちらも正しく誤りでもあります。正解を導くことは誰にもできません。


では、これを子供達に教えるときは、どのようにすればいいのでしょうか。イワンと悪魔の考え方を両方教えて、あとは考えて貰うしかないでしょうね。


今の日本に必要なのは、社会全体を引き上げていくべき役割が期待される支配者なのかもしれません。


        51R719R36VL.jpg

posted by ヨッシー at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月22日

稼ぎ力は幼児期から身に着ける

学校では卒業の後、入学シーズンが始まります。そのような華やかな季節に水を差すようで悪いのですが、今の学校教育は時代遅れのように思えます。


今の学校教育は、高度成長期に実施された労働集約型産業にはもってこいでしょう。しかし、時代は大きく変化しています。多くの人が同じ場所に集まり同じ仕事をするような時代ではなくなりつつあります。


その証として、かつては日本のフラッグシップだった大手企業も、会社規模の縮小や事業からの撤退を余儀なくされています。なるべく組織に属さず自立していかねばならない時代です。


そのような時代の変化の中、現在学校で行われている暗記主体の教育では「自立する手段の確保」はできないかも知れません。


学校の先生から出された問題は必ず答えがあります。その仕組みの中で正しく答えられればそれで良しとします。そこでは、点数が高いほど優等生として扱われます。これは受動的な教育です。しかし、社会人になるとどうでしょうか。予想しない問題が、突然身に降りかかります。そこには正しい答えなどなく、幾通りも存在します。自分が導き出した答えが正しければ、社会人としてそれなりの結果(高い収入や地位)を得る可能性が高まります。もし誤っていれば、その反対になる可能性が高まります。


では、正しい答えを誰かが教えてくれるでしょうか。いえ、誰も教えてはくれません。自分で失敗しながら経験値を積み、自分にとって正しいだろうと思われる答えを導き出すしかりません。それも能津的にです。


学校では生きていくための方法である、「起業する方法」「金融機関から融資を受ける方法」「退職金の運用方法」「効果的な節税方法」など、教えてはくれません。現在の教育では、このように「本質的に考える力」が身に付かないことが問題です。


そして「本質的に考える力」は幼児期の早い段階で実施することです。一部例外はあるかも知れませんが、30歳、40歳、50歳になってからでは遅いのです。プロスポーツ選手は、幼児期から英才教育を受けています。その結果、高レベルな技術を習得できたのです。


これは人生にも言えることですが、生きる力を養い「稼ぎ力」を身につけるには、幼児期からの早い段階で「本質的に考える力を身に着ける教育」を行わないと厳しいのかも知れないのです。


今日の所得格差は、学校教育にも問題の一端があるのではないでしょうか。


posted by ヨッシー at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月14日

非効率な飛び込み営業

飛び込み営業では、新しいお客様のところへいきなり訪問し営業をします。


この営業方法は、営業する側もされる側も精神的苦痛は大きくなります。私にも経験はありますが、相手の機嫌が悪い時に遭遇すると、いきなり罵倒されます。


「帰れ!バカヤロー!」と、まるで虫けらでも扱うように。


これは本当の話です。人格まで全否定された気分になり、さすがに落ち込みます。


相手の立場を考えれば、そりゃそうですよね。冷静に考えると、パンフレットを置いて帰るだけならいいですが、いきなり商品やサービスの説明をされる訳です。いい気持ちはしませんよね。


そもそも、パンフレットを置いて帰るだけなら、わざわざ飛び込み営業しなくてもいいのではないでしょうか。自分が伝えたい情を相手の手元へ確実に届けることが目的ですなら尚更です。


そう考えると、郵送やメール便で発送する方法は確実ですね。


しかし、いくら郵送やメール便と言えど、いくらかのコストは発生します。なるべくなら効率的に行いたいものです。



そこで私は、アプローチしたい相手をセグメントする方法をとっています。セグメントは、購入者年齢性別職業などによって行われる区分です。


例えば、頭痛薬を販売したいと考えた時に、不特定多数に宣伝して効果があるでしょうか。


頭が痛くない人は買いませんよね。


実際に、頭痛薬が欲しいと思う人は、いま、頭痛で苦しんでいる人だけです。


いくら頭痛に悩まされていない人にアプローチしても、販売に結びつかないのは明らかです。


闇雲にアプローチしても、販売に繋がる保証はないのです。


では、どうするのか?


アプローチする相手を頭痛薬が欲しいと思われる人だけにセグメントをしたら、自分が相手の立場になり魅力的だなと思うキャッチコピーを作り、アプローチするのです。


因みに、最近の結果をご報告いたします。



廃棄物のリサイクル

20件発送→2件成約  反応率10%


除菌消臭液

36件発送→1件成約  2.8%


生ゴミ処理機

10件発送→1件商談中  反応率10%



この結果を見て、効果的かどうかを判断するのはあなた次第です。


少なくとも私にとって、飛び込み営業に比べて、必要最小限の経営資源投下で最大限の結果を得ることができました。


発送後何もしていません。問合せがあった時に初めてご説明するだけです。


お断りしておきますが、発送先に「資料は届いておりますでしょうか」や「ご覧いただいて如何でしょうか」と確認するのはご法度です。


気持ちは分かりますが、これは嫌がられます。これは、受け取る側の立場になれば明確です。


会社には、日々多くのダイレクトメールが届いています。その多くは、ゴミ箱やシュレッダーに直行です。なぜならば、受け取る側は必要性を感じていないからです。


これはアプローチする相手やセグメント化の失敗によるものです。しかし、それに負けてはいけません。こんなことは、当たり前にあります。


私も受取拒否され、発送したダイレクトメールを返送された経験があります。


あなたにも、一度くらいはゴミ箱に直行したことあるでしょう。こちらから発送するダイレクトメールだって同じことですよね。普通にゴミ箱へ直行です。


全く興味のない内容で、名前すら知らない会社から発送されたものです。自分が受け取る時はゴミ箱へ直行し、反対に自分が送りつける時は、反応してくれないと嘆く。これでは余りにも自己中心的です。


期待する方が間違っています。


運やタイミングの要素もありますが、発送した相手から反応がなければ、大方それは必要性を感じていないからなのです。もし必要性を感じたなら連絡をくれます。


人々が商品やサービスを求めるのは、それらを介して必要な結果を得たいからです。頭痛薬なら「頭痛を取り除きたい」のが求める結果であり、頭痛薬はその道具にすぎません。


あくまで商品やサービスによりもたらされる結果にフォーカスしていないと購入してもらえません。


人は結果が想像できない、すなわち必要性を感じないものには反応しませんからね。ここを理解しないと無駄な労力ばかり費やすことになります。


もし反応がなければ潔く諦め、作戦を練り直し次の相手を探しましょう。



人々が欲しがっていた物を欲しい時に届ける。長年の頭痛に悩まされている人に対し、頭痛薬を届けられるアプローチができれば最強ですね。しかし、ここが難しいところです。


一番いけないのは、頭痛薬が欲しくもない人に無理に売ろうとすること。押し売りされるのは誰でも嫌ですよね。自分がされて嫌なことは相手も嫌なのです。



市場の反応は正直です。


ゲーム上や机上理論ではなく、その正直に反応してくれる市場で反応を試してみる。


これほどダイレクトに、自分が試す方法を実証できる方法は他にありません。間違っていれば叩きのめされ、正解であれば果実を得る。まさに経営の醍醐味ですね。


最後になりますけど、決して我々は大企業が行うようなマスマーケティングを真似てはいけません。多額の資金回収が見込める反面、多額の投資が必要になりますし、あれは市場で大きなシェアを持つ会社がやることです。


自分に合った戦略を選ぶことが大切です。

posted by ヨッシー at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月07日

アクアウィッシュによる臭気対策

もクアウィッシュの納品に、長野県某所へ行ってまいりました。こちらの企業は、ハウスクリーニング業を行われており、提供しているサービスに付加価値をつけるため、アクアウィッシュの採用を決定いただきました。


納品の際に客観的な効果を実感していただくため、「ハンディ臭気モニター」を用い、臭気の度合いを測定をしてみることにします。


臭いの感じ方は官能的部分に依存する度合いが大きく、同じ部屋の臭いでも感じ方に個人差があります。そこで本機器を用いることにより、臭気を数値化し客観的に判断してもらうことができます。



先ずは、アクアウィッシュ噴霧前の数値。
 IMG_2188.JPG


そして、超音波噴霧器で約30分間アクアウィッシュを噴霧します。
 IMG_2189.JPG


噴霧後の数値を測定します。
 IMG_2190.JPG


見事に数値が下がりました。部屋の中はもちろんですが、車の室内も同じ結果を得ることができます。この結果により、臭気に対する効果があることを客観的に証明することができました。


もちろん、いい結果を得られてお客様もご納得の様子です。これは本物です。


posted by ヨッシー at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月27日

車内の除菌・消臭デモを実施しました

先週末に、長野県内の某自動車販売店様にて、アクアウィッシュによる除菌・消臭デモを実施してまいりました。


対象車両は「日産キューブ」です。まず、車内の状態を確認しますが、中古車特有の臭いが充満しており、決して心地いいものではありません。タバコと汗と体臭?が入り混じった複雑な臭いです。車内に雑菌が繁殖しているからでしょう。


その車内に噴霧器をセットして稼働させます。その際は、エンジンをかけてエアコンを内気循環にしておきます。


そして、待つこと20分。自動車販売店の方々に確認していただきます。結果は上々で、嫌な臭いが改善されたと実感していただけました。やはり、この商品は本物です。


気になるランニングコストも低額で、30分間霧化量を最大にしても約30円程度です。

     IMG_2152.JPG


posted by ヨッシー at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月22日

会社設立からやっと10年


小社の設立は、2007年3月1日です。早いもので、今月の決算で10年を迎えることができました。


当初の目標は10年間会社を存続させることでしたが、皆様方のお陰を持ちまして、設立時の第一目標はクリアできました。


10年間も同じ仕事をやっておりますと、膨大なトラブルが発生し、それを処理し幾度も危機的状況に陥りながら、様々な人達との出会いの中でノウハウが蓄積されていきます。


継続という意味において、一定の成功は収められたのではないかと自負しております。


私は75歳まで働くつもりでおりますが、そうなると残りあと20年です。会社も30年を迎えることになる訳ですが、そうなれば自分の人生において、大きな誇りになる気がします。あと20年間、日々精進いたします。

posted by ヨッシー at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月18日

「アクアウィッシュ」を採用いただきました

株式会社服部モータース(滋賀BMW正規ディーラー)様にて「アクアウィッシュ」を、ユーズドカーの除菌・消臭剤としてご採用いただきました。


「アクアウィッシュ」は、業種を問わず、様々な場面で衛生管理をバックアップします。食品工場、介護施設、ホテル、レストラン、学習塾、ペットホテル、ハウスクリーニング業、フィットネスジム、中古車販売業、レンタカー事業など、様々な場所で活躍します。



アクアウィッシュは、化学反応により臭いそのものにアプローチし、悪臭の根源である雑菌の細胞膜を破壊し、原因菌自体を分解し、除菌処理してしまう「生物的な消臭」ができます。より効果的な除菌・消臭対策が行えます。



ペットを飼っていらっしゃるご家庭にも好評です。


是非、お試しください。


        IMG_2128.JPG

posted by ヨッシー at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月15日

長時間労働は上司のマネジメント能力不足

長時間労働による過労死の問題は、時間ばかり着目されているが、これは木を見て森を見ずだ。なぜ長時間労働をしなければならないのか、根本的原因に目が向いていない。


集団で決められた同じ目標を達成するのは、日本の労働において美学だと言われている。しかし、これが間違いの原因かも知れない。


労働集約型による生産は、大量生産するには好都合であるが、反面、組織内独自のルールや政治倫理に左右されやすい。


私にも経験はあるが、自分の仕事が終り先に帰る時に上司の顔色を伺なければならない。悪いこともしていないのに申し訳なさそうにだ。


生産性の高い労働の結果、早く帰るのだから堂々と帰ればいい。しかし、会社に長時間居座り続けるのが会社に対する忠誠心の表れだと、上司が確信しているからそれに抵抗できなかった。


サラリーマンである以上、人事評価基準はこの上司にあるから、評価を落としたくないという思いが頭をよぎる。


そして「何かお手伝いしましょうか」と、心にもない言葉を言わざるを得ない状況となる。まさしく面従腹背とはこのことだ。


以前いた会社で、上司が言った言葉は忘れない。


「我々は、労働力を提供してその対価を得るのだ」「従って、会社に対する忠誠心は絶対である」と。


本気で言っているのか?


これは、一労働力しか提供できず、資本家に搾取されることを認めたプロレタリアートの考え方にすぎない。体制に歯向かうことすら忘れた、まるで羊飼いに飼いならされた羊の群れのようである。


当然、私はこの言葉に抵抗を覚えた。


偉そうに言うその上司は、会社に長時間いるて何をしているのかすら分からなかった。


こんな人が上司だと、同調圧力に屈する人間ばかり増え生産性が低下する。やることがないなら早く帰ればいい。


早く会社から帰る人は悪人。


この馬鹿馬鹿しい考え方がある限り解決しない。


AIが人間の仕事を奪う世界において、この古臭い経営者や上司の考えを捨てなければ、いくら規制強化しても問題は解決しない。


上司のマネジメント能力が低いと部下も苦労する始末。


長くなるのでこの辺りでやめておく。


posted by ヨッシー at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月11日

自国民の利益になる旦那様になろう

落語「百年目」の大旦那さんは、道楽を覚えた大番頭を呼んでこんな説諭をする。


「一軒の主を旦那と言うが、その訳をご存じか」?


「いいえ」。


「それは、五天竺の中の南天竺に栴檀(せんだん)と言う立派な木があり、その下にナンエン草という汚い草が沢山茂っていた。


ある人がナンエン草を取ってしまうと、栴檀が枯れてしまった。後で調べると栴檀はナンエン草を肥やしにして、ナンエン草は栴檀の露で育っていた事が分かった。


栴檀が育つとナンエン草も育った。栴檀の”ダン”とナンエン草の”ナン”を取って”ダンナン”。それが”旦那”になった。」と言う。



旦那とは、もとは古代インドの仏教用語「ダーナパティ」が語源で、この言葉は後に西洋にも伝わり「マダム」の語源となったとも言われている。


また「旦那」は「檀那」とも言われ、その意味はお布施をする人。日本では「施主」とか「檀家」とかいう意味で、寺に金銭などを寄進するありがたい人が「檀那」である。


落語の「旦那」はこじつけだろうが、これは現代で言う、トリクルダウンをしろと諭しているのだろう。


現代はグローバル化と称し従業員に厳しく接し、時には生活や命まで脅かし、露をおろすことすらしない旦那さん(経営者)の多いこと。


「南縁草が枯れても、栴檀は栄える」とでも思っているのかい。


人間一人が生活する上において消費できる量は決まっている。それでもなお、必要以上に確保しようとする強欲さ。


本当の意味において、「旦那」と呼ばれるにふさわしい人は少ないのかも知れない。


グローバリストとは、いわば「根無し草」である。自国に根を下ろし、自国民のために働ける「旦那」でいたいものである。


posted by ヨッシー at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月03日

池井戸潤氏の「七つの会議」を読んで

組織内における調整や合意は、社内ポジションや政治力によって決定される場合は多い。いくら自分では理不尽な命令や方針だと思っていても、組織の中でその声は届きにくい。せいぜい仕事が終わった後に、上司や会社に対して憎まれ口を叩くのが関の山である。それも、相手に聞こえない安全地帯で。面と向かって言う勇気すらない。


そしていつの間にか抵抗する力も失せ組織の色に染まり、やがて没個性化していく。組織の規模が大きくなるほどその傾向は強く、不正や法律違反が横行するのもその圧力に屈した個人が固まったためであり、当然責任の所在が不明確となる。だが、その社内文学はひとたび外部に出てしまうと、まったく通用しないものである。


組織とは?会社とは?正義とは?


様々な角度から多くの気づきを与えられた一冊である。


この本の中で、衝撃的な一文があったのでご紹介しよう。父の会社の跡継ぎを探す中で、妹が兄に発した言葉である。


「ひとつ聞いてもいい?お兄ちゃん、なんのために働いてるん?いまの会社で定年まで働いて、それがお兄ちゃんにとって、どんな意味があるのん?本当にそれでええの?」


自分が、「どうでもいいものに縛られていないか」「誰のために生きているのか」それらを冷静に考えさせてくれるいい機会になる。人生愚痴や文句を言っても始まらない。常時そんな言葉を発していると、心の底に澱のように溜まり、つまらない人生を送ることになる。是非お読みいただきたい。


       FullSizeRender.jpg

posted by ヨッシー at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記