2013年04月05日

「淡海のもり」で掲載いただきました。



滋賀県森林CO2吸収量認証制度の証書交付と、琵琶湖森林づくりパートナー協定地における森林整備活動の模様を、林業近江「淡海のもり」で掲載いただきました。



Scan1.PDF



実績をご紹介していただけるのは、有難いですね。


「参加してよかった」と、思える時です。


こういった活動を促進させるには、インセンティブを働かせる仕組みをどう構築できるかでしょう。


ボランタリーな活動では、特にその傾向が強く出ます。


上手く仕組みが構築できれば、企業や個人参加が促進されるのでしょう。合理的な理由に基づき、経済的利益を受けられるのも、参加理由の一つかも知れません。


受け止め方で違ってきますが、活動を告知していただけるなら、広告宣伝費として安いものだと思います。


おっと失礼!これは打算的な考え方でした。








posted by ヨッシー at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64523454
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック