2019年06月14日

競争より独占市場を目指す

有益な情報や商品は、クローズドなコミュニティの中でしか出てこないのは間違いないようです。


インターネットやリアル上で不特定多数に公開されている商品、投資、起業セミナー、銀行が勧める金融商品など表に出ているモノは、使えないことの方が多い。


搾取されて「ハイ、終了!」になるパターンも多く、公開されている情報は、情報弱者から利益を貪ろうとする人々が発信している訳です(これに早く気づけ!)。


そうそうおいしい話など、何の努力もしていない人に転がりこんでくる訳がない。また、自分が動くのを極端に嫌う怠け者は、そんな上手い話がくるのをいつも待っているから騙しやすい。


昨日もある方とメールでやり取りしましたけど、未公開情報の類でした。投資するに値するかどうかの判断は私がしなければならない。しかし、事実として未公開情報は確かにある。この情報を有効に使い、競争相手のない市場を独占できれば、大きな利益になるのは間違いないようです。


どんなビジネスでも、別に世界や日本全国を網羅する必要はない。狭いエリアでも十分勝算はある。独占事業のいい例が、ネズミーランド。決して美味しい?とは言えないハンバーガーが高額で販売されています。



これこそ市場独占の典型的な例です。マーケティングする上において、市場を独占し、LTVとROIの高いサービスを提供できればいい。


しかし、頭の中では理解しているつもりだが、いざ実践するとなるとなかなか思うようにことが運ばない。でも成功すれば、きっと毎日笑いが止まらなくなるでしょう。

posted by ヨッシー at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186136794
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック