2019年05月26日

営業電話の断り方

時々会社にかかってくる営業電話。正直言って迷惑です。


そのような営業電話を受けてしまった時、私なりの断り方です。


相手「〇〇〇株式会社の△△と申します。社長はいらっしゃいますでしょうか?」

私「あいにく社長は不在ですが」

相手「社長は何時頃にお戻りでしょうか?」

私「申し訳ありませが、社長の指示で営業電話は取り次ぐなと言われております」

相手「そうですか。失礼いたしました」

これで終了です。


私と言うのは社長である私自身で、一人二役を演じます。見覚えのない電話番号からかかってくる電話は、ほぼ営業電話に間違いないです。しかし、もしかしたら取引先かも知れない。また、商談の依頼かも知れない。だから、出ない訳にはいかない。この見極めが難しい。


そこで営業電話だった場合は、従業員として接するようにしています。


ここで気を付けたいのが、乱暴な口調で断らないこと。そして、相手をののしってはいけない。忙しくても感情的にならず、冷静に応対しましょう。相手はこちらの会社名を知っていますから、イメージダウンにならないよう心がけます。


相手も人の子です。感情的な断り方をすると、根に持たれる可能性がありますからね。

posted by ヨッシー at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186041978
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック