2019年04月28日

雇用を守れなくなった企業

いや〜、まさかね。一生安泰だと信じていた企業でも、リストラが進んでいますね。それも、そうそうたる顔ぶれです。



私は以前サラリーマンに憧れていました。いや、サラリーマンでした。スーツを着てネクタイを締めて、毎朝決まった時間に会社へ出勤して、そこで仕事をする。時には残業や休日出勤もありますが、会社のお姉ちゃんといい関係になれ、毎月定期的にお給料が振り込まれる。夢のような?仕事です。


当時の上司に質問された記憶があります。「吉田君、君の夢は何かね?」「私の夢は、家を建てることです」「そうか、それならその夢に向かって今何をすべきかよく考えて行動しなさい」「わかりました」このようなやり取りだったと思います。


その頃は会社勤めをずっと続けるつもりでした。よし!家を建てるぞ!と夢を見ていました。しかし、仕事が忙しい。仕事に忙殺されると、どうでもよくなります。冷静に考える時間もなく、とにかく目の前の仕事を片付けることしか頭になかった。


自由に使えるお金もなく、結局、個人的問題もいろいろあり、よ〜く考えた結果、



会社を辞めることにしました(笑)。


今思えば、思い切って会社を辞めて正解でした。あのまま会社に在籍していたら、恐らく立てられても犬小屋程度だったでしょう。


当時はそれが、幸せの形であったように思います。会社員にあるのが当たり前で、自営業者や職人は生活が安定しない業種として見ていた人が多かったのではないでしょうか。


ところが今は、その考えは通用しない世の中になりつつあります。会社員であれば、無条件に会社が守ってくれるから何の心配もいらないと信じることができましたが、それも今では過去のもの。大企業がリストラする時代が到来するとは夢にも思わなかったですね。


そういった時代に突入した以上、現実として直面することもある。悲しいかな会社から戦力外通告を受けたら、潔く受け止めるしかない。会社が雇用を守れなくなったのです。


特別なスキルがあればいいが、会社内だけで通用していたスキルでは、他社へ行けば全く通用しないことは多々ある。


そこでいつそうなってもいいように、日々自分が一個人として通用するようにしておかなければならい。


常日頃から、いつでもバッターボックスに立てるよう準備し、チャンスが来た時にボールが打てるような状態を保っておく。目前にチャンスが来てから準備するのでは遅い。ボールが目の前を通り過ぎてからでは、ボールを打てない。この考え方が大切ではないかと。


過去に、植木等さんが歌っていた「サラリーマンどんと節」という歌がありましたね。「サラリーマン気楽な稼業ときたもんだ・・・」と。


今ならこんな考え方では、完全にリストラ対象者ですね。この頃はオリンピック景気で年間成長率が10%を超えていたようです。当時は高度成長期で右肩上がりに経済成長していた時代です。世の中ではモノを作れば売れ続け利益が上がる。その恩恵を受けた企業では労働力を継続的に確保するため、終身雇用、年功序列が当たり前になる。とにかく企業に属すれば一生安泰でした。


しかし、 近年、ソーシャル、モバイル、IoT、ビッグデータ、クラウドなどの出現で企業をとりまく環境とビジネスモデルが大きく変化し、そのビジネスサイクルも大変早くなってきています。もう、古き良き時代に戻れません。


「あの頃はよかった」とノスタルジックな感傷に浸っている場合ではない。例えるなら、別れた恋人に想いを馳せ、今でも戻ってくればいいのにと考えているようなものです。いずれ日本人も、海外へ出稼ぎに行かなければならない時代になりますよ。


果たして2020年のオリンピックは、過去同様に我々国民がオリンピック景気の恩恵を受けることが出来るのでしょうか。



posted by ヨッシー at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185910064
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック