2019年03月27日

どうせ同じ人生なら色を好もう!

「英雄色を好む」は、その通りだと思います。


北都物語の一説を引用いたします。

「英雄色を好む」というが、大きな仕事をするほどの人は、女にかけても相当らしい。それは金があるから女を得られるのではなく、仕事をやろうというエネルギーがあるから、女も得られるのかもしれない。仕事と女を得ることは、エネルギーを必要とするこことで、共通しているところがあるのかもしれない。

引用終わり。


これは同感です。

お金が得られたのは、仕事した努力の結果です。お金を得ようと行動したからこそ、その結果としてお金を得られる。そして、そうして得た結果(お金)によって自由度が高まり、女性を射止めることが出来たのです。


さらに、精力的な男性を見た女性は性的魅力を感じるように思えます。女性から見て魅力的な男性とは、精力的エネルギーが身体から満ち溢れている人をいうのではないでしょうか。


では、男性の精力的エネルギーとは何か?それは、女性に安全と安心を与えてくれる力だと考えます。男性が社会に出て大きく活躍し、得てくるモノが多ければ多いほど女性は安心できます。要するに経済力です。経済力があれば、トラブルに対する抵抗力も強くなり安全でいられます。


でも、世間ではこの様な男性は目立ちます。もし同性としてそんな男性に会ったら、中には妬み羨む人もいるでしょう。そんな人は、「あの人は悪いことをしている」「あんなのどうってことない」「女んなんかつくりやがって」「お金さえあれば」といって毛嫌いします。


正直、同じ男性として自分より勝っていると思うと悔しいですよね。


しかし、相手を貶めるのはやめにしましょう。こんな行為は負けを認めるに等しいからです。


そんな人は、自分に自信と勇気が持てないのです。自信と勇気が持てない人は相手を貶め、何らかの理由をつけ少しでも心の安定を図ろうとします。現実を見つめ、潔く負けを認め相手を称えましょう。その方がよほど潔い。貶しても、その行為自体に何の生産性もありませんからね。


自信と勇気が持てないのは、安定思考があるからかも知れません。安定思考とは変化しない思考です。変化しないのは、変化に対して恐れを抱くからです。変化に対して恐れを抱くのは、勇気がないということになります。


勇気のないそんな貴方の姿を見た女性は、貴方に憧れるでしょか?いえ、幻滅することでしょう。


勇気が持てない男性は、多分女性にもモテないと思われます。女性に対して、安全と安心を与えてくれないからに他なりません。どうしてかと言うと、女性の子孫繁栄欲求に関わる問題だからです。


女性の社会進出が目ざましいとはいえ、世の中まだまだ男性側に女性に対する生殺与奪権がある事の方が多いです。男性の甲斐性次第で、女性とその子孫の運命が決まってしまうからです。これは、否定できないと思います。決して、男女差別ではありません。動物としての役割分担だからです。


勇気の「勇」。この漢字の意味は、「力」が形、「甬」が読みを表します。「甬」とは手桶(ておけ)で、水が湧き出すことや勢いのある様子を表す。物事を成す力が勢いよく湧いた状態が「勇」です。周囲が躊躇するときでも、恐怖や不安な気持ちを抑えて気持ちを奮いたたせることのできる勇ましい人になれという意味合いがあります。男として心身共にたくましく、自信を持って我が道を進める人になれ。


これ、かっこいいじゃないですか。


もし、女性が安心と安全を求めるなら、勇気がない男性と深い関係にならないことをお勧めします。


さもないと・・・。これ以上はやめにしておきましょう。

posted by ヨッシー at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185770003
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック