2019年05月20日

あおり運転をいかにしてやり過ごすか、大人の対応が求められる

特に高速道路ではそうですが、あおり運転のドライバーに遭遇することが多いですね。あれほど社会問題になっているにも関わらず、相変わらず乱暴な運転をする人はいるようです。暴行罪が適用されることもあり得る犯罪なのに、未だに遭遇します。そんなあおり運転に遭遇した時、私なりにあおり運転をする側の心理と、あおられた時の対処法を考えてみました。


あおる側の心理
制限速度があるにも関わらず、早くいけとばかりに前車との車間距離を詰めて走行するのは心理的・経済的にマイナスしかないと考えます。


車間距離が少ないため、全車が減速すればブレーキを踏み自分も減速しなければなりません。一定の距離を保てば急減速を回避できるのに距離を保たないのは合理的でない。減速後改めて前車との距離を詰めようとすれば、また大きくアクセルを踏むことになるからです。そうすると、燃費も悪くなりますね。


更に、前方の視界も制限され視野が狭くなり、この状態で運転していると大きなストレスになるのではないでしょうか。もし、前方にアクシデントが発生して前車が急ブレーキをかけたら、追突の可能性も高まります。車間距離を保っていれば、回避できたかもしれないのに。

あくまで想像ですが、その人たちの心理はこうなのではないでしょうか。

@自己中心的思考
思うようなスピードを出してくれない前車のドライバーは許せません。あおる人は、自分の中で決めた走りたい速度があるようです。そこにあるのは、自分の都合だけです。自分ペースで走行できないとなると、現状に不満を抱きます。そして、不満を解消したいのであおり運転をします。

社会人なら現状を受け入れなければならない時は、素直に受け入れることが必要です。これは、我がまま以外の何物でもありません。精神年齢が低いのでしょうか。これでは八つ当たりですね。いすれにしても、あなた様だけの社会ではありませんよ。

A責任転嫁
今、直面した思い通りにならない状況に対して、自分は悪くない、全て他人のせいだと思っているのかも知れません。自分は悪くなく、悪いのは全て他人。

乱暴な口調でいいますと「おらおらおら、ちんたら走っているんじゃねーよ」「もっとスピード上げんかい、こら!」と後ろから声が聞こえてきそうですね。どこかの社会主義国ならあなた様の様な方に従わなければなりませんが、ここは日本です。従う必要はありません。心なしかバックミラー越しに映る顔が、某国の指導者に似ているような気がしてなりません。

これはあなた様の心の問題です。理性がある大人なら、現状を全て受け止めてくださいね。それとも、お前のせいだと前車を粛清しますか?

B本当に時間がない
約束の時間に遅れそうになるから、前車をあおるのもあるかと思います。アポに遅れそう、急に呼び出された、ウンコが漏れそうなど、理由は様々でしす。しかし、それはあなた様だけにある理由です。前を走っているドライバーには何ら関係ないことです。

気持ちの余裕を持ちましょう。遅れるなら潔く認めましょう。そんな諦めの悪い嫌な表情で取引先に訪問し、満面の笑みを浮かべていても相手に見透かされてしまいますよ。どんなに車間距離を詰めてもそう時間は変わりませんから。たとえ前車をやり過ごしても、次の車が現れます。もし、ウンコが漏れそうなら、早めにコンビニでも入ってくださいね。


あおられた時の対処法
一般道で制限速度を守り普通に走っていても、あおられることがありますよね。車一台分もないほど車間距離を詰め、時にはセンターラインぎりぎりを走り、さも速くいけとプレッシャーをかけてくる。あおられている方はそのような後車に遭遇すると心中穏やかでいられませんよ。

なにせこちらは、流れに乗って普通に走っている訳ですから、なんら咎められる筋合いのものではないはずです。流石に制限速度50kmのところを30kmで走行していれば迷惑ですが、流れに乗って走行していています。

ふとバックミラー越しに後方を確認すると、品の悪そうな顔が見えます。車間距離を詰め右に左に忙しい運転をしています。何をそう急いでいるの分かりませんが、全車1台をあおったところで到着時間に大きく変わらないのに、よほどの緊急事態なのでしょうか。でも、そう大したことをしているような人には見えませんが・・・。

しかし、運悪く遭遇してしまった以上、仕方がありません。そんな時の私の対処法です。

@バックミラーを見ないようにする
自分の視界に入るから、プレッシャーを感じる訳です。視界に入らないようにすれば、この世に存在しないのと同じです。しばらくは前方に注視して過ごします。後ろからぶつけてくることはないですから、マナーのなっていない可哀そうな人だと思いながら放っておきましょう。

相手は、思考が幼稚な大人なのです。頭の中は子供で身体は大人。名探偵コナンと正反対の人ですね。

A人間だと思わない
人だと思うから腹が立つのです。ルールすら守れない、いや、社会ルールの存在を知らない動物だと思いましょう。人の姿をした野獣がハンドルを握っていると思うのです。無視するに限ります。

文句の一つでも言ってやろうかと思わないようにしましょう。言葉が通じないため、文句を言うのは大変危険です。逆らうと攻撃してくる可能性さえありますから。それに、時間の無駄です。自分の時間チャージを考えて行動しましょう。

野獣には時間チャージの概念はありませんからね。

B回避する場所があればやり過ごす
コンビニに入るなり、もし左側に広いスペースがあるなら後続車をやり過ごします。とにかくこれで解決できます。私の前にいた車が被害に遭うかもしれませんが、それは止むを得ません。

でも、やり過ごした後、信号待ちで前にいたなんてことはよくあります。車間距離を詰めてイライラしながら運転しても、それほど早く到着できないのです。


世の中は、自分の思い通りに行かないことが多いのです。思い通りにいかないなら、現状を肯定できる人がカッコいい大人ではないのでしょうか。自分がされたら嫌なことは他人にしないことです。


もし、あおり運転をする人の隣に最愛の人が乗っていたとして、そんな運転を見た時どのように感じるのでしょう。がっかりすることあっても、決して上品な大人だと思えませんよね。


人となりは様々な方法で確かめることが出来ます。運転の仕方もまさしくそうで、性格が表れます。そんな人は、プライベートでも多くの問題を抱えているように思えます。



posted by ヨッシー at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185633320
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック