2018年12月23日

中古車販売事業から撤退します

今年新しいビジネスとして始めた、中古車販売事業で経験したことは多い。特に、様々な人間模様を垣間見ることが出来たのは、なかなかできない経験である。


ビジネスでは取引の関係性を、「BtoB」「BtoC」「BtoE」「BtoG」「CtoC」「GtoC」といった用語で表すことがあるが、弊社が行ったのは「BtoC」である。


BtoC」で中間層をターゲットにしたつもりであったが、失敗したのが徐々に値下げをすることによって、貧困層を相手にしたビジネスへ移行してしまったことである。


貧困層を相手にしたビジネスは、当然、嫌な人も非常に多く、日々の接客やクレーム対応など精神的なストレスも増える。


特別な技術も必要としない業界のため参入障壁も低く、この市場で差別化を図るのは難しい。その結果、値下げで勝負するしかない状況に陥る。


値下げをするということは利益が減るということである。日々起こるクレームやトラブル処理に追われても、それを上回る利益が確保できればいいが、そうならないと苦労ばかり背うことになる。


さらに、低価格品を購入する人々は支払いも悪く、売掛金を回収をする際のストレスが重くのしかかる。こういったビジネスは、どうしてもそうなり易いようだ。


ここで誤解を招きたくないのは、「BtoC」ビジネスが悪いのではなく、この市場に参加したのが間違だったのである。


ここで、今まで訪れた人々の特徴を挙げたい。

・時間やお金にルーズ
・約束を守らない
・刹那主義
・突然連絡が取れなくなる
・電話やメールしても返事がこない
・具体的な解決策がない
・ギャンブルに使うお金は別物
・支払いの優先順位が違う
・問題を先送りする
・今できることをしない

などがある。


未だにいくつかの問題に現在進行形で対応している。苦労するが、これらは貴重な経験である。


実際に上述したような特徴を持つ人々を相手してきたことにより、今後、恐らくこの経験が私の人生の糧となるだろう。


そして、これらの経験を踏まえた後に決心したのは、中古車販売事業からの撤退である。


これ以上当該事業に経営資本を投下するのは無駄以外の何物でもないため、来年2月いっぱいで中古車販売事業から撤退することにした。


決心できたのは、新しく始めたビジネスで来年多くの受注があり、中古車販売事業で投資した金額以上を回収できる見込みが立ったからである。さらに、新しいビジネスに経営資本を投下した方が、より多くのリターンが得られると確信したからでもある。


いままで幾度となく失敗を繰り返してきた。そして、潔く投下した経営資本全てをサンクコストとして諦めてきた。回収の見込みがないなら潔く諦めることも、会社経営において重要である。いつまでも諦め切れずにいると、更に損失を増やす結果に陥るからである。


そして、後悔するのもほどほどにしておきたい。失敗した後の怒り・絶望・悲しみ・嘆き・不満・愚痴からは何も生み出さない。悔んでばかりいるくらいなら、自分で解決するための行動を起こせばいい。


それにしても、原価計算できず経営指標すら知らない、自称経営コンサルタントの口車に乗り事業に参入したのは不覚だった。


彼は対外的に「契約が終了した」と言い散らかしている様だが全く違い、こちらから退いてもらったのである。


これも一種の損切である。決断した結果それが功を奏し、新たな人脈が生まれた。利益に繋がる新たな人脈を提供してくれたのは感謝している。


人脈は金脈なり。まさにその通りである。


人生何処で好転するか悪転するか分からない。だから面白いのだ。

posted by ヨッシー at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185248270
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック