2018年11月09日

無形が有形となる時

無形のものが有形となる時、人は興奮を覚えるのではないだろうか。


           IMG_2512.jpg

頭の中で考えたものに対し見直しと修正を行い、試行錯誤を繰り返しながら進めていく過程は充実した時間であり、とても有意義である。


試行錯誤を繰り返す時間が未来永劫続くと耐えられないが、目標を決めてやればどうってことない。


いま、それが形になった。


形にするまで約2カ月程費やした。


苦労した甲斐あって、いざ出来上がってみると達成感は大きい。


しかし、これで満足してはいけない。


「いかに社会に貢献できるか」「市場は受け入れてくれるか」「問題はないか」など、見直すことが盛沢山ある。これからが正念場だ。


勿論、100%完成はしていない。チャレンジしても、失敗するかも知れない。


随時、軌道修正は必要になる。最悪の場合、市場からの撤退もあり得る。しかし、その時はそれでよしとしよう。


一番いけないのは、臆病になり過ぎて何もしないことである。


これで私の人生において、また一つチャレンジした実績は残った。


自分自身を誇りに思えることは幸せである。



posted by ヨッシー at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184901193
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック