2018年03月08日

フレーバーコーヒーは苦手

いただき物のハワイのコナコーヒー。

                 IMG_1194.jpg


マカダミアナッツとバニラのフレーバーが楽しめる謳い文句のコーヒーだが、正直私の好みではない。


コーノ式でハンドドリップしてみたが、焙煎してミルにかけてから何日も経過しているのか、コーヒー豆が全く膨らまない。これを見た時点で、期待できる味ではないと分かる。飲んでみたが、やはり期待を裏切らず口に合わない。


私はどうもフレーバーコーヒーは苦手だ。


フレーバーを添加しなくても、コーヒー豆自体が持つ香りを楽しめるからだ。例えば、以前購入したパナマ・ゲイシャ。これなどは、本当に花の香り(すみれ)がする。生豆を購入し、自分で焙煎するからこそ楽しめる味だ。


ブレンドも何種類か試してみた。何度か失敗し自分で「これだっ!」と思える味にやっと行き着いた。しかし、これでも十分納得できるのもではない。


んっ!もしかしてこれは人生と同じではないか。正解がなく正解を求めようとするが、なかなか正しいと思える道が見つからない。それを探し求めているうち、人生の終わりを迎える。そう考えると人生はあまりにも短い。


posted by ヨッシー at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182607835
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック