2017年06月21日

環境に合わせ変化する時が来た

仲介業者は、案件を依頼する排出事業者と事業者との間に入り、「仲介」をするのが主な役目です。

その仲介業務の範囲となるのは、事業者から依頼を受けたリクエストに基づく適正事業者を決め、契約締結までを行います。つまり、事業者が契約を締結した後のことには基本的に関与せず、契約後の対応と責任は排出事業者が担うことになります。廃棄物処理の場合、事業者のリクエストは「今より低料金で処理を行いたい」であることが多く、それを実現するため処分事業者に価格のダンピングを求めます。


管理会社は、管理・維持をするのが主な役目です。

例えば不動産管理会社の業務として、「集金管理」「入居者管理」「更新・終了・清算」「建物管理」などなど、管理・維持のため非常にたくさんの業務があります。管理を請け負う物件の貸主、つまり大家さんから受け取る「管理受託報酬」が、管理会社の主な収入源となり、産業廃棄物処理でいうなら、排出事業者から報酬をいただくことになります。受託している業務内容によって報酬は決定し、個々に異なります。物件を主に仲介するため、貸主や物件についてしっかり把握しています。


コンサルティングは、企業などのクライアントに対して、専門知識を活用し客観的に現状業務を観察して現象を認識、問題点を指摘し、原因を分析し、対策案を示して企業の発展を助ける業務を行う業務です。

専門家の立場から相談にのったり指導したりすることをします。コンサルティングという職種は、企業が抱える現状に対して、改善するべくお手伝いをする業務ということです。企業経営に関する業務全般に携わり、その内容は多岐に渡ります。契約期間中は定額報酬となり、野球でいえば、コーチのような役割だと思えば分かりやすいでしょう。


前述の3者を比べると、語弊があるためこれ以上書けませんが、そろそろ旧来のやり方では通用しない時代になりつつあります。


ここでどう変化するか。いつも時代のニーズや環境に合わせた変化は必要です。

posted by ヨッシー at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180113355
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック