2017年03月22日

稼ぎ力は幼児期から身に着ける

学校では卒業の後、入学シーズンが始まります。そのような華やかな季節に水を差すようで悪いのですが、今の学校教育は時代遅れのように思えます。


今の学校教育は、高度成長期に実施された労働集約型産業にはもってこいでしょう。しかし、時代は大きく変化しています。多くの人が同じ場所に集まり同じ仕事をするような時代ではなくなりつつあります。


その証として、かつては日本のフラッグシップだった大手企業も、会社規模の縮小や事業からの撤退を余儀なくされています。なるべく組織に属さず自立していかねばならない時代です。


そのような時代の変化の中、現在学校で行われている暗記主体の教育では「自立する手段の確保」はできないかも知れません。


学校の先生から出された問題は必ず答えがあります。その仕組みの中で正しく答えられればそれで良しとします。そこでは、点数が高いほど優等生として扱われます。これは受動的な教育です。しかし、社会人になるとどうでしょうか。予想しない問題が、突然身に降りかかります。そこには正しい答えなどなく、幾通りも存在します。自分が導き出した答えが正しければ、社会人としてそれなりの結果(高い収入や地位)を得る可能性が高まります。もし誤っていれば、その反対になる可能性が高まります。


では、正しい答えを誰かが教えてくれるでしょうか。いえ、誰も教えてはくれません。自分で失敗しながら経験値を積み、自分にとって正しいだろうと思われる答えを導き出すしかりません。それも能津的にです。


学校では生きていくための方法である、「起業する方法」「金融機関から融資を受ける方法」「退職金の運用方法」「効果的な節税方法」など、教えてはくれません。現在の教育では、このように「本質的に考える力」が身に付かないことが問題です。


そして「本質的に考える力」は幼児期の早い段階で実施することです。一部例外はあるかも知れませんが、30歳、40歳、50歳になってからでは遅いのです。プロスポーツ選手は、幼児期から英才教育を受けています。その結果、高レベルな技術を習得できたのです。


これは人生にも言えることですが、生きる力を養い「稼ぎ力」を身につけるには、幼児期からの早い段階で「本質的に考える力を身に着ける教育」を行わないと厳しいのかも知れないのです。


今日の所得格差は、学校教育にも問題の一端があるのではないでしょうか。


posted by ヨッシー at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179174315
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック