2015年10月29日

今より収入を増やす簡単な方法


私は過去に大変お金に困った時、どうすればお金が稼げるか真剣に悩んだ。これといったスキルや資格もなく、「どうすれば収入を増やすことができるか」で頭の中がいっぱいだった。そこで私がとった方法は、「睡眠時間を削り休日に働くこと」だった。



働くといっても純然たる労働であり、生計を維持するためだけに行う労働である。その際に選んだ仕事内容は、チルド食品製造工場のラベル付けと施設警備員だった。会社に勤めながら働くため身体はつらいが、当然に収入は増える。



自分の時間を最大限労働力にあてるのだ。



タイトルを、「今より収入を増やす簡単な方法」と書いたので期待を裏切ったと思うが、これが収入を増やす一番手っ取り早い方法である。



労働力を提供する副業を会社に勤めながら行う訳だ。勿論、副業禁止の会社もあるだろうが、普通に暮らしていて収入が足りないなら、会社としても大いに認めるべきだと思う。むしろ、会社経営者として十分な賃金が払えないなら、それ自体を問題にすべきだろう。



要するに、睡眠時間を削り休日にも働く行為は、自分の持つ時間の切り売りをするということだ。労働力を提供するしかできなかった私は、こうする他手段がなかった。



一山あててやろうと意気揚々と取り組んだビジネスも上手くいかず、水辺に浮かぶ泡沫の如く消え去った。消臭剤に始まり、化粧品、浄水器、インターネットテレビ、ネットワークビジネスなど、ことごとく失敗した。この時に投資したなけなしのお金は全て無駄に終わった。やがて仕事の失敗が生活まで脅かす様になり、挙句の果てには借金まで抱える始末。



借金返済のため、時間の切り売りをする労働環境から脱出することが余計に出来なくなってしまった。睡眠時間は少なく身体は常に疲れている。休日も趣味やレジャーを楽しむ時間もなくなり、精神的ストレスも溜まる。債務整理を行ったためクレジットカードすら持てず、社会的は信用もゼロ。おまけに借金があるのに転職し、家族にも多大な迷惑をかけた大馬鹿野郎である。



それでも時間の切り売りである副業で収入を得ながら、5年間で借金を返済した。



親からも、「身から出た錆だ」と言われたのはごもっともで、反省すべき点は大いにある。楽してお金儲けはできないのを実体験の上で十分に学んだ。先ず手始めに、今以上に収入を得たい、起業する際に必要な資金が欲しいと思うなら、時間の切り売りをしてお金を稼ぐのが近道だ。



posted by ヨッシー at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 生きる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166709450
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック