2015年06月09日

ツキがある人と無い人


私たちは誰もが失敗し、間違いを犯したりします。私も昨年、新しい事業において大きな選択ミスを犯してしまいました。



しかし、ここでどんなに後悔しても、投資したお金が戻ってくる訳でありません。投資したモノすべては、サンクコストとして諦めるしかないのです。ここで大切なのは、次から同じ轍を踏まないことです。重要なのは、失敗の経験から原因や間違いを正確に捉え、今後に生かせるかどうかでしょう。



悪口を書いたり言ったり、他人を責めてしまうのは簡単です。この責任を他人に転嫁し正当化する行為は、自身の身を守るための虚栄心より起因しているのではないでしょうか。他人を責める気持ちこそ、他人に全てを委ね期待する気持の表れです。



また、努力していたのに誰にも認めて貰えず悲観的になる気持ちの表現は、他人に自己評価を委ねるしかない自身の絶対軸を持たない考え方です。これでは、失敗した経験を今後に生かせないでしょう。そして、ツキも永遠に訪れません。



これに対し、ツキを引き寄せ成功できる人は「自分が未熟だから失敗した」と考え、成長の糧にしようとします。間違えや失敗に対して「次からやらなければいい」と割り切り気持ちを切り替え、次に同じ失敗をしないようにと考えます。もちろん他人を責め貶めようとしません。ここが大切だと思います。



つまり、起きてしまった現実をどう受け止めるかという自身の心の問題であり、これが上手に処理できれば、どんなことが起こっても腹を立てず上機嫌でいられます。



世の中には、自身の思い通りにならないことは山ほどあります。それにいちいち腹を立て機嫌を損ねていたら、常に誰かに怒りをぶつけている毎日になるでしょう。そんな人を見て周りはどう思うでしょうか。少なくとも「器が大きい人だな」と思わないはずです。



度々悪口や誹謗中傷を聞かされていると、反対に気が滅入いるのではないでしょぅか。そして、それがあまりにも頻繁に続くと、人は距離を置き離れていこうとします。負の影響は付き合う人から受けます。ツキのない人は負の影響を持つ人々の作用を受け、更にツキがなくなります。ネガティヴな言葉を発している本人は、それに気付いていないのです。



ツキのある人はどうでしょう。ツキのある前向きな人々は、負の影響を受けツキを失うのを恐れるため、距離を置こうとします。負の影響は自身にとって好ましくないからです。そうしてネガティヴな人々と距離を置いた結果、ツキのある人はどんどん幸福になってゆきます。



このあたりのことについては、あの斎藤一人さんの著書でもご紹介されていますね。



今は、過去において自分自身で決定してきた結果です。他人に首根っこを掴まれて、半ば強制的に「ああしろ、こうしろ」と、言われ行動させられた訳でないはずです。最後は自分自身で決定してきたのに、その結果責任の全てを他人に押し付ける人は、他人への依存心が高過ぎるのでしょうか。



posted by ヨッシー at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 生きる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/139302002
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック