2019年01月27日

生前整理

健康寿命は、健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間と定義されている。




ということは、この期間を過ぎると仕事のパフォーマンスが低下することになる。男性の場合は約72歳。私の場合は、あと15年である。恐らく、そのころには判断能力も鈍り、体力も衰えていることであろう。


この年齢を迎えるまでに、自身の仕事に対しての在り方や存続させるかどうかの判断をしなければならない。いわゆる社会関係の整理である。さらに、身の回りにあるモノもそうで、洋服、アクセサリーなど多くの物品を整理しなければならない。こちらは、物理的物品の整理となる。


これを誰に対して行うのかといえば、残された人々のためであろう。生前整理を行わずいつまでもモノや今の関係に執着していると、残された者に迷惑がかかる。


我々は、多くのモノや財産に囲まれ生活している。特に現代は、電子データやインターネット上の登録情報もある。これが厄介で、情報管理をしておかないと相続対象を見逃してしまうことになりかねない。生前の管理が求められている。


いずれにせよ、死んでから残された者たちから恨みを買わないよう、全て生前に行っておく必要がある。


ここで一番厄介なのが人が持つ欲望で、こいつと闘わなければならないことである。


では、「勿体ない」「まだ使える」と考える、欲望の誘惑に勝つにはどうすればいいのか?


私は、迷った時は処分するようにしている。迷うのは選択肢が多過ぎるからであり、選択肢を少なくすればいい。


しかし、不思議なもので、整理していくうちにその欲望も薄れてくることがある。これは自分が「死」を現実のものとして、捉えることができたからかもしれない。


私もいずれ鬼籍に入る。後を継いでくれる子供もいない。死んだ後になるべく迷惑をかけたくないから、今のうちに整理しておくことにする。

続きを読む
posted by ヨッシー at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月21日

お墓の引越し事業開始しました。

「お墓の引越し」事業を開始いたしました。

  

お墓の引越しは「改葬」と呼ばれており、最近一般的な言葉として馴染みつつあります。その背景には、日本が人口減少社会に入り継承者不足によりお墓そのものの存続をどうするのかという問題があります。

  

近年、お墓を引き継ぐ人が少なくなり、さらに経済的ゆとりがないことや、「家制度」に対する考え方やライフスタイルの変化により、旧来のしきたりを守り、一つの場所に定住し続けるのが難しくなっていることもあります。

  

弊社では、株式会社Zenithと協業してお墓の引越し先や最善策のご提案を行い、墓石の解体・処分、引越先での永代供養までワンストップで行い、様々なお墓の継承問題についてアプローチしてまいります。

  

その他、石材工事も承ります。是非、ご活用くださいませ。



「お墓の引越し」なら、株式会社Zenith


posted by ヨッシー at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月13日

人生最大のコスト

私は昨年、人生最大の出費と負債である住宅費用を削減した。


住宅を所有した後にかかる費用は多くあり、固定資産税、修繕費、リフォーム・メンテナンス費用、住宅ローン、ローン金利、駐車場代、火災・地震保険などがある。この費用は大きい。


そして、長期住宅ローンを組んで購入するのは危険だ。


数十年先の将来など分からないし、自分でコントロールすることが出来ない。よって、失業などで今の収入がなくなってしまったら破綻する長期住宅ローンは、危険極まりないものということになる。


ローンが支払えず売却した場合にも、ローンが残ってしまえば目も当てられない。住宅購入は非常にリスクの高い買い物である。怖いのは、収益物件でもなく将来資産価値が目減りする確率は高く、それを借金してまで何倍ものレバレッジをかけて投資することである。


そう考えて私は昨年自宅を売却した。幸い物件は新しかったので、残りのローンを清算してもいくらかの現金を手元に残すことができた。価値があるうちに負債を整理したのは正解だった。


実は、もう一軒住宅を保有していたためこれはできた。もちろん、こちらもある手法を用い大きな負債にならないようにしてある。


次なる目標は自家用車。


これは大きな出費で、自動車ローン、ローン金利、購入時の諸費用、ガソリン代、任保険料、駐車場代、消費税、取得税、自動車税、重量税、車検費用、メンテナンス費用などコストの塊である。


現在は地方に住んでいるので自動車はどうしても必要だが、必要最低限のものにしている。確かにステータスシンボルとして高級外車を所有したい気持ちもあるが、どうしても必要なモノでないため購入していない。自己満足と承認欲求を満たすために購入するのもバカバカしいので、いずれ歳を取ったらタクシーでもいいかと考えている。


タクシーと自家用車の経費比較のサイトがある。タクシーと自家用車の経費比較


遠方へ行くなら近くの駅や空港まで運んでもらえばいいし、出先でタクシーやレンタカーを使えばいい。さらに、お酒を飲んでも代行運転を頼む必要がないし、自分が加害者になる事故のリスクもなくなる。


特に問題なのは、私も必ず高齢者の仲間入りをすることである。歳を取れば動体視力や反射神経は衰え、運転に支障をきたすようになる。自分から交通事故のリスクを避けるために、車を所有しない選択肢はありだ。


こうして今後も、何を見直せるか思いを巡らせたい。


一生懸命に負債を保有しようとする考え方を見直し、負債を所有する行為によって誰が一番得をするか考えればいい。いずれにせよ住宅も自家用車も負債である。これを見直すことにより、可処分所得は大きく向上することになる。


それでも保有したいならすればいい。しかし、いずれ手放さなければならない日を迎えることは、肝に銘じたい。


そんなモノに執着するより、死ぬ間際に「俺の人生多くの失敗をしてきたけど、沢山チャレンジもしてきた。だから、俺ってカッコよかったよな」と思いつつ死ぬ方が、どれほど充実していることだろうか。

posted by ヨッシー at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月05日

事件や事故は変化のチャンスだ

「思考は現実化する」「潜在意識活用」などを広く世間に知らしめ大儲けした人は、プログラムと本を販売した人である。何もせず強く願っただけで願望は実現しない。

そもそも成功ノウハウ本は、勇気がなく行動できない人からお金持ちが搾取するシステムで、次々に同じ類の本は出版されており、それを買う人はお金持ちのいいカモである。


恐らく炬燵に入って本を読んでいても、頭でっかちになるだけで何の進展も見込めないだろう。


では、どうすれば成功(成功の基準は個々によって違い基準も曖昧)できるのだろうか。


一生懸命真面目に働く?睡眠時間を削って仕事する?沢山勉強する?どれも違うと思う。一番の近道は「退路を断たれ、やるしかない状況に置かれること」だと考える。


例えば、瀕死の事故に遭うや突然生活に困窮する状態に陥るなど、自分自身でどうすることもできない問題に直面することがある。人間だれしも生に対する執着心は強い。生きるために貪欲でもある。時にその生を脅かされる事態が生じれば、死に至ることもあり得る。


そうなると、生きるため問題を解決する行動をするしかないのである。座して死を待つ方法もあるだろうが、人の生に対する執着心はとても強く、そう簡単に死ねない。


とんでもないどん底に落ちた時ほど、人はがむしゃらに動けると考えるのである。


私は、2018年の最終日を迎えてで書いた会社を辞めてから、新しい会社で働くことになった。


その会社は雇用契約でなく業務委託契約で月10万円は固定給として保障があるが、あとは完全成功報酬制であった。要するに仕事が取れなければ、1ヶ月10万円の収入しかないのである。


当時の私はまだまだ未熟だったため思うように仕事が取れず、当然成功報酬の上積みはない。そんな金額で妻と子供二人を養えるはずはなく、生活費補填のためその会社から前借をしていた。そして借金額は積み上がり、とうとう60万円を超えたところで、さすがに「このままではマズイな」「このまま続けられないな」と自分でも考えるようになった。


そんな矢先、奇跡的に大型解体工事の案件から出る産業廃棄物の見積もりがとおり、めでたく受注することができた。これで見事に会社の借金返済はできた。しかし喜んだのも束の間、ある日突然に社長から「これ以上仕事をしないで欲しい」「もう辞めてくれ」と告げられた。


理由は、私が以前勤めていた会社の社長から今仕事をしている会社社長に対し「商圏を荒らされて困っている」旨の苦情が入ったからである。当然、今仕事をしている会社社長に守ってもらえると思っていたが、全く逆でがっかりしたのを覚えている。


私のまだまだこの業界を去る気持ちはない。この業界で働きたいとの思いは強かった。しかしこのまま我がままを通し近隣で営業すると、また次の会社に迷惑がかかる。雇ってもらえそうな会社のあても全くない。困った私は「辞めろ」と言われた社長の知り合いを紹介してもらい、翌日面接を受ける約束を取り付けることに成功した。


会社は誰にも迷惑の掛からない県外にした。業界に居続けたかったので、とにかく必死だった。


翌日の面接は無事採用となる。でも会社は県外だ。遠方のため通勤できない。そこで私は単身の住み込みで働かせ貰うようお願いしたところ、先方の社長には快諾していただいた。今でも感謝している。


家族とも別れ、人脈、金、信用、実績、何もないゼロからのスタートである。私にあるのは、少しばかりの営業経験だけである。


この頃が人生において貧乏でどん底の状態であった。当時多額の借金を抱えており、常に財布の中身はスッカラカン。生きていくためには節約が必要で食費を削って生活していた。


朝食は抜き、昼ごはんは前の夜に炊いた米をおにぎりにして持参。おかずは無し。夜は近くの店で値引きされたお惣菜を買購入していた。とにかく質素で侘しい生活だった。


今もあの頃を懐かしく思う。しかし絶対に戻りたくない。


何が言いたいのかと言うと、人は突然困難な状況に直面するとが馬鹿力が出るのである。私の場合、明日の生活に困る訳だから行動するしかなかった。行動しなければ死活問題になる。だから動くしかなかった。


人間切羽詰まった時は何とかなるものだ。


何かを成し遂げたいと願いながら行動しないのは、「本心では、今の現状に満足しており変化を望んでいない」「生死に関わるほど大きな問題になっていない」「現状がマイナスではない」かのいずれかだと考える。


私は苦労話を自慢したいのではない。既に人生で大きくマイナスしている人の方が、新たなことにチャレンジする可能性が高いのだと考えるからである。


にマイナスの人は、現状維持はマイナスのままである。プラスになる可能性が少しでもあるなら、現状維持を選択せずチャレンジした方がマイナスをプラスにすることができる。


人生の岐路に立たされた時「何もしない」のは一つの選択肢であるが、これではプラスに転じる可能は少ないだろう。


posted by ヨッシー at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月01日

2019年の運勢

新年明けましておめでとうございます。比較的穏やかな元旦を迎え心も和やかです。


毎年恒例の多賀大社へ初詣に行き、おみくじを引いてきました。今年は「小吉」で悪くない。これは、自分を磨き努力をする事でどんどん運が良くなるという意味ですね。

      IMG_2748.jpg

ところで、願えば何でも叶えてくれる神様は存在するのでしょうか。私は信じていません。


もし願いを叶えてくれるなら、神社に来ている人たちが皆の願いが叶っているはずます。恐らく皆、幸福になることを願っているでしょうから、皆が幸せになっていなければなりません。


でも、世の中そうではない。「お金持ちになりますように」「いい仕事がみつかりますように」「結婚ができますように」とお願いをしても、積極的に行動しない限り、実現することはない。


神は関係なく全て自分次第。今の自分は、過去の自分が行動してきた結果です。


「では何故初詣に行くのか?」と疑問をぶつけられそうですが、私が初詣に行くのは単にイベントを楽しみたいだけなのです。


今年も行動しましょう。積極的で正しい行動をね。

posted by ヨッシー at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記