2018年05月22日

電子書籍購入しました

読書は書籍を購入するのが王道だと思っていましたが、増えてくると保管場所に困ります。さらに一度読んでしまえば、めったに2度読みすることもありません。


読書は情報収集と知識を得るためにします。であれば、電子書籍でも十分です。保管場所にも困りませんし、カバンに入れても重たくありません。


そこでその悩みを解決するため、私もとうとう電子書籍デビューしました。

      IMG_1688.jpg

バックライトのない一番安価なタイプですけど、これで十分です。


カバーも私の好きなブルーにしてみました。

      
      IMG_1686.jpg


使ってみると、これはすごく楽です。都度本屋に行きお目当ての書籍を探す時間も削減され、好きな時に好きな本を読めるのは嬉しい。

続きを読む
posted by ヨッシー at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月19日

馬肉のホルモン料理

男料理というものは、がさつであり乱暴で、時にしてゲテモノ扱いされこともある。


しかし、このいい加減さが絶妙のバランスとなり、なんとも言えない良い味を出す。


「もつ鍋」も、その男料理の真骨頂であり醍醐味でもある。


今回使用した材料は馬の内臓肉で、なかなかお目にかかれない代物である。


使用する部位は小腸、大腸のみならず、天肉、アキレス、ほほ肉、心臓など何でもありで、これをすべて鍋に放り込み、醤油と酒と一味唐辛子を入れ煮込むだけの料理である。


牛肉でやるのは一般的であるが、馬肉でやるところが大変珍しい。


もちろん、一度食せば病みつきになり、精力がつくことは間違いないようである。


その精力を仕事に使うか、それとも〇〇〇〇に使うか。どう使うかは、自分次第である。

      IMG_1668.jpg

posted by ヨッシー at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月14日

目標達成したが・・・

会社を設立した当初は多くの目標を掲げ、それらを達成するために進んできた。


そしてすべて叶えられた。


これも皆様のお陰と感謝している。しかし、いざ目標を達成してしまうと、これから何を目指すべきかを見失ってしまう。


ふと振り返ると、自分は目標を達成することだけに力を注いできたのではないのかとさえ思う。燃え尽き症候群にならいようにすべきなのだろうが、なぜか新たな目標を立てても、以前のようにがむしゃらにはなれない。


その原因として、生きる上において仕事以外の大切な何かがあると思うからかも知れない。


収入を得る手段として仕事が大切なのは分かる。


得るものがないと好きなことができないのも承知している。


仕事がなく暇を持て余す人生も勘弁願いたい。


しかしながら、仕事だけの人生でいいのか自問自答する毎日である。


答えは自分で見つけるしかないのか。


posted by ヨッシー at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月13日

オートクレジット取扱い開始いたしました

何とか無事に審査もとおり、オートクレジットの取り扱い店として契約が完了いたしました。


お客様のニーズにお応えするため、オートクレジットの取り扱いを開始する訳ですが、これでご購入いただきやすいスタイルでの販売が可能となりました。


返済途中での一部繰上返済が可能な残債方式のオートクレジット「フリープラン」をご用意しております。「10万円だけ追加で返したい」といったお客さまの多様な支払ニーズにお応えします。


これにより販売チャネルが増え、より一層販売促進に向けた活動が出来ます。


posted by ヨッシー at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2018年05月04日

セルフレジにて・・・

彦根市内の、某ホームセンターへ買い物に行きました。このお店もセルフレジが導入されており、レジ待ち行列のストレスから解放され助かっています。


ところがセルフレジがあるにも関わらず、有人レジには長い行列が発生していました。セルフレジが空いているからこちらを使えばいいのにと思いつつ、私が精算を済ませようとしていると、行列の後ろにいた客がしびれを切らしたのか、わざわざセルフレジの方まで来て「時間がないので、もう一か所の有人レジを使えるようにしろ!」スタッフに向かって言う始末。


そこで私は、「えっ!?そんなに時間がないならセルフレジで精算すればいいのに」「わざわざここまで来ていうことか」と腹の中で文句を言っておりました。


恐らく有人レジに並んでいる人たちは、新しい物事に対する強い拒否反応があるのでしょう。


支払いもカードを使えばキャッシュレスで、面倒なつり銭の受け取りもなくストレスフリーなのに、時間が勿体ないですね。


時間は人生そのものです。その時間を無駄にすることは、命を粗末に扱うのと同じです。


それに気づいた人は、どんどん高効率化の流れに乗り充実した人生を送ります。反対に気づかない若しくは拒否反応を示す人は、流れに乗り遅れ生産性が悪いまままの人生を過ごします。


要するに変化を嫌うということは、「自分はこのままでいい」「変わりたくない」「失敗したくない」という意思の表れなのです。変わりたくないというならそれで構いませんが、とにかく失敗してもいいから経験してみることです。


posted by ヨッシー at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記