2017年09月22日

他人のせいにするな

仕事に限らず、失敗した時に発するこの言葉はいけない。


「貴方は、あの時そうしろと言ったでしょう」

「貴方から言われなければやらなかった」

「あの人のせいだ」

「あの人はダメだ」


数え上げればきりがない。


こんな言葉ばかり聞かされた時は大変不愉快で、その場から逃げ出したくなる。


こうして失敗しても、全てにおいて誰かに責任転嫁する人はいる。確かに、自分以外の誰かに言われたことは事実である。しかし、いつも他人に責任を押し付けてさえいれば気持ちが楽だが、最後に決めたのは自分である。


他人に責任転嫁する人は、ここを全く理解していない。自己愛が強過ぎるのか、プライドが高いのか、よく分からない。


これでは自分の意思はなく、自立すらしていないのだと宣言しているに等しい。


貴方は誰のために生きているのか?貴方の人生は誰のものか?


自分の人生は、もちろん自分だけのものである。他人のために生きていくことなどできない。自分の人生は自分だけがデザインできるものであり、どこかの他人に代わりに生きてもらうことはできない。


いつも他人に責任があると言う人は、自分で何事も決めることができず、自立できず、自分の人生すら責任を持てない悲しい人である。また、そのような人にこそ無責任の三文字がよく似合う。


年齢は関係ない。若くても自立した考えを持った人は大勢いる。反面、年を重ねていても自立すらしていない人も大勢いる。いわゆる、馬齢を重ねてきただけの人である。


いつも全責任は己にありと、背中に冷たい何かを感じながら、常にプレッシャーに負けずにいられる人こそ自立した大人である。


そんな人には、「愚痴や文句ばかり言っていないで、早く自立した大人になれ!」と言いたい。


posted by ヨッシー at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月03日

インカムゲイン

一定の初期投資で、毎月安定した利益を生み出す投資先を探して購入する。するとその後は労働が不要となり、人生は必ず楽になる。


先ず初めに、毎月10万円の利益を生み出す100万円の投資先があるなら、そのための種銭を貯める。これは最初にやらなけれなばならないこと。兎に角、アルバイトするなりしてコツコツと貯めることに徹する。決して困難ではないが忍耐力は必要な作業である。これができないと何も始まらない。


だが、たいていの人はこれができない。何故できないかの原因は簡単で、多くの人が目先の欲求に目が眩み途中で種銭を消費してしまうか、最初から諦めるからである。


さて、耐えに耐え、やがてめでたく投資できる金額を貯め、100万円を投資することができたとしよう。すでに商品は毎月10万円の利益を生むが、その利益をまだ使ってはいけない。ここでも貯めることに徹する。世間が発信する消費の誘惑に耐える。焦らずさらに、種銭を増やす事に専念する。


消費欲求に打ち勝ち、毎月10万円を10ヶ月間ストックして100万円にした。まだまだ、ここでも得た利益を使ってはいけない。そこで更にもう一つ100万円の投資をする。そうするとにより、毎月20万円の利益が生まれることになる。


ここでも消費せずに耐える。更に5ヶ月間辛抱すると、100万円ストックできるので、また一つ100万円を投資する。これで毎月10万円を生み出す商品が3つあるので、毎月30万円の利益になる。


この方法を何回転も繰り返えせば、再投資できるまでの期間は短縮され、毎月得られる利益も大きくなっていく。これは複利ではなく単純計算であるが、3年絶たないうちに最初に貯めた投資金額が毎月の利益となる。これが実現できれば、労働するのがバカバカしくなる。


もし欲しいものができたら、投資先から生み出された利益だけで購入する。コップに入れた水に例えるなら、コップの中の水(元本)を飲むのではなく、コップから溢れた水(利益)を飲むのである。コップの中の水を飲んでしまうと、水が溢れてこないので絶対にやらない。この考え方を実践すれば、自分の将来に対する不安は軽減される。


投資先は、ビジネスでもいいし株式や不動産でもいい。方法はいくらでもある。後は、やるかやらないかだけの違いでしかない。資産を増やしている人は、別に特別な手法を取り入れている訳では無い。違うのは、情報収集能力と充足の引き延ばしという考え方の違いだけである。


「そんな投資先があるのか」という疑問が生じるが、それすら探していない時点で、自分が利益を得ることの出来る可能性が低いと考えるべきである。


posted by ヨッシー at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記