2017年06月21日

環境に合わせ変化する時が来た

仲介業者は、案件を依頼する排出事業者と事業者との間に入り、「仲介」をするのが主な役目です。

その仲介業務の範囲となるのは、事業者から依頼を受けたリクエストに基づく適正事業者を決め、契約締結までを行います。つまり、事業者が契約を締結した後のことには基本的に関与せず、契約後の対応と責任は排出事業者が担うことになります。廃棄物処理の場合、事業者のリクエストは「今より低料金で処理を行いたい」であることが多く、それを実現するため処分事業者に価格のダンピングを求めます。


管理会社は、管理・維持をするのが主な役目です。

例えば不動産管理会社の業務として、「集金管理」「入居者管理」「更新・終了・清算」「建物管理」などなど、管理・維持のため非常にたくさんの業務があります。管理を請け負う物件の貸主、つまり大家さんから受け取る「管理受託報酬」が、管理会社の主な収入源となり、産業廃棄物処理でいうなら、排出事業者から報酬をいただくことになります。受託している業務内容によって報酬は決定し、個々に異なります。物件を主に仲介するため、貸主や物件についてしっかり把握しています。


コンサルティングは、企業などのクライアントに対して、専門知識を活用し客観的に現状業務を観察して現象を認識、問題点を指摘し、原因を分析し、対策案を示して企業の発展を助ける業務を行う業務です。

専門家の立場から相談にのったり指導したりすることをします。コンサルティングという職種は、企業が抱える現状に対して、改善するべくお手伝いをする業務ということです。企業経営に関する業務全般に携わり、その内容は多岐に渡ります。契約期間中は定額報酬となり、野球でいえば、コーチのような役割だと思えば分かりやすいでしょう。


前述の3者を比べると、語弊があるためこれ以上書けませんが、そろそろ旧来のやり方では通用しない時代になりつつあります。


ここでどう変化するか。いつも時代のニーズや環境に合わせた変化は必要です。

posted by ヨッシー at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月13日

行動しなければ何も始まらない

アファメーションとは、肯定的な自己宣言のこと。ポジティブな言葉を自分に語りかけ、行動と人生に好ましい変化を起こすテクニックです。


肯定的な自己宣言をすることにより、自分を鼓舞することは可能かもしれません。しかし、アファメーションでできることの限界点はそこまでです。


世間では、まことしやかにこの方法が紹介されています。


こんなことで思いが実現するなら、宝くじの一等に当選し、思いを馳せている異性も意のままになり、仕事も順調に進みます。


「こんなことできるはずはない」と、心の底では皆がわかっているはずです。


でも、これを行うことは楽で簡単です。時間やお金を失うこともなく、ましてや命が危険に晒されることもありませんからね。


こんなものにすがるのは、「楽をしたい」「苦労はしたくない」「成功までの道のりをショートカットしたい」という気持ちの表れではないでしょうか。


まず先に「行動する」がなければ、絶対に成功することはありません。


とにかく、がむしゃらに行動する。


それができるようになった後で、アファメーションを行い心と対話する。これが正しい順序です。


ご紹介のウェブサイトのようになることはあり得ません。お手軽や宇宙など根拠のないことばかりで、そもそも引き寄せの法則があるのなら、数理で証明できなければなりません。


あり得ないことは明らかです。


分かりやすい例えなら、入学試験や資格試験を受けてから(行動する)合格を祈りますよね(アファメーションしても、回答した時点で結果はすでにでているので祈っても遅いですが)


アファメーションするだけで願いが叶うのは、試験すら受けず(行動しない)、合格を祈るようなものです。


posted by ヨッシー at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月10日

白人至上主義

アメリカは、世界中をかき乱している張本人である。日本への原爆投下、ベトナム戦争での虐殺、イラク侵略などをみれば、アメリカの野蛮性は分かる。


日本人はアメリカ人を信用していますが、本当にそこまで信用してよいのかどうか。


勿論、ロシア、中国も政策を実行する上で野蛮性はないとは言えませんが、アメリカ人は善人面をしながら、平気で野蛮な行動が出来る民族だと言うことを日本人は分かる必要があります。


今までアメリカが世界中でやってきたことをじっくり考えてみながら、にわか緊張感の高まってきたアジア情勢を含め、現在起こっている事件を検証すれば、事の本質が分かるかも知れません。


posted by ヨッシー at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記