2014年11月21日

あなたの事業は、どちらを向いているのですか?


事業を行うには、先ずその事業から提供される商品やサービスを消費する消費者があってからこそです。



偉そうにふんぞり返っている経営者達だって、商品やサービスを利用してくれる人々がいなければ、事業は成り立ちません。



もし、あなたが無人島で独りぼっちなら、商品開発やサービスを提供する相手がいないため、事業として成立しませんよね。



事業者として、ここで肝に銘じておきたいのが、事業者として人々の幸せや利益を考え、いいものを提供するのは当たり前のことですが、人々を欺きながら、自分だけ利益を貪ることがあってはなりません。



でも、中には自分だけの利益を優先し、消費者を見ていない事業者もいるようです。



消費者を欺きながら、利益を貪るのです。



確かに、人を欺くのは容易です。やろうと思えばどうにでもなります。



やるのかやらないのかの違いは、自分の利益だけ優先するか、消費者の利益も優先するかどうかの考え方の違いだけです。


もちろん、双方に利益がもたらされるのが理想です。やってはいけないのが、自分の利益しか見ていないことです。



こんなことばかりやっていると、人が離れて行きます。



綺麗事かも知れませんが、互いの利益があってこそ、事業を行う資格があるとだと私は思います。




しかし、ここで忘れてはならないことがあります。それは、どんなにあざとく人は騙せても、当事者である自分は欺けないことです。



それでも、自分も欺きながら、事業を続ける人はおりますが・・・。



騙した方が悪いのか?騙された方が悪いのか?



騙そうとする人がいなければいいのですが、それは期待できません。少なからず、ふとどきものはいます。



消費者は、その様な人々が必ずいるのだと思い、それを見抜く賢さが必要ですね。




posted by ヨッシー at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月14日

趣味


最近ブログが、サボり気味になってきました。


忙しい、時間が無いからとは言いませんが、少々仕事が立て込んでおります。


新会社を設立したため、その準備や今後の事業展開においてやることが多いからです。


とは言え、会社を設立するのは簡単です。誰でも社長になれます。しかし、設立した会社の事業を軌道に乗せることは、簡単でありません。


1年後に設立した会社の約半数は倒産しています。3年以上事業が継続できれば、十分に成功していると言われます。


生き残りをかけた、厳しい世界です。


最近は、趣味が仕事になりました。


こんな面白い趣味は、他にはありません。予定通りに事が運べば、脳内から快楽物質が放出され、とても心地いい気分に浸れます。反対に思い通りにならずトラブルが続くと、背中に冷たいものを感じます。


これが毎日続きます。


この感じは、趣味では体験できません。


とても楽しいのです。


いま人生の中で、最高に楽しい時間を過ごしています。


ありがたいですね。








posted by ヨッシー at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記