2019年04月16日

貨幣は我が家の飼い犬には無力だった!

人間だけですよ。お金の問題で人を騙し、裏切り、挙句の果てに命まで奪うのは。更に、争い、憎しみ、恨み、妬み、疑い、仕返し、いざこざ、不平不満、差別などを生じさせ人の心まで変えてしまう。


貨幣経済は、貨幣によって商品の交換を媒介している経済の一形態です。貨幣そのものに価値はありませんが、貨幣の額面分の商品やサービスを購入することができます。この貨幣に対する信用に価値があるのです。それも国に信用がなくなれば、おしまいですけどね。


今の経済では、商品を購入するためには貨幣が必要になり、人間と人間の間でモノやサービスの交換が行われる関係に貨幣という形態があります。電子マネーも同様で、決済には決済の手段(現金や預金など)とそれを前提とする決済の方法(振込、口座振替、小切手、クレジットカードなど)になる。 


従って人は、貨幣がなければ価値を計る基準を持たないし、商品やサービスを得るすべが無くなる。


時に貨幣を多く持つものは強者になれるが、持たざる者は無力である。世間では、多く持つものが強者だと認識される傾向は強い。たくさん得ることが出来れば称賛され、人格者だとさえ思われることもある。


貨幣を多く持つ強者は、これを武器として世の中を動かすことさえできる。この武器には流動性があり、他国に影響を及ぼすことも出来る。そして、この力はいつでも発揮できるから、某国が保有する核ミサイルより強いかもしれない。不思議な道具です。


だが残念なことに私も貨幣経済の中にどっぷり浸かっているのだから、この不思議な世界を受け入れそこで生きていくしかない。


そのようなことを考えつつ、我が家の飼い犬の目前に紙幣を置きます。


ここで貨幣経済に対して強い者は誰なのかを考えてみた。ひょっとしてそれは、貨幣価値に捉われない生き方をしている者ではないのかと。


目の前にいる我が家の飼い犬がそうだった。犬の処遇も飼い主よって左右されますが、ここではそれを考えません。

      IMG_0820.jpg

目前に紙幣を置いても知らぬ顔。彼は強い!さすがの諭吉君も彼の前では無力です。寧ろ紙幣よりも、現物支給してあげる方が喜びます。


生き方や人目に拘らなければ、他にも貨幣経済に強い者はいるでしょう。


視点を変えると大切だと考えていることでも、全く価値がないように思えてくるのです。


それにしても我が家の飼い犬は贅沢になりました。私の晩酌のおつまみより高価なおやつを食べているからです。しかし、この私の気持ちを分かっているかどうかは定かでありません。


きっと、私が貨幣価値で判断してしまうから、そう思えてしまうのでしょう。我が家の犬は「今日も我関せず」です。貨幣価値という概念をもたないのですから、当たり前ですね。

posted by ヨッシー at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月10日

マンパワーに頼るビジネスを見直す時代到来か!?

コンビニの24時間営業の見直しで取りざたされているとおり、最近、人手不足が目立ってきましたね。


コンビニはでは、サービスの内容が多くなればなるほどそれに伴い人力を必要としてきました。しかし、ここへきてそのビズネスモデルが時代に合わなくなってきているようです。


人手不足の原因として、日本でもっとも大きな人口構成比を持つ集団である「団塊の世代がリタイアした」ことが一つの原因だといわれています。労働力を確保するため定年延長されてきましたが、それでもリタイアする時期を先延ばししただけの効果しかなく、人手不足は深刻な問題となっています。


もはや省力化、省人化の流れになるのは必至で、これに乗り遅れると企業として存亡の危機に扮することになりそうです。更に、省人力の変化に乗り遅れると、販路拡大路線に舵を切ることもできなくなります。


これからは、できるだけ人を使わないようにする。この変化が求められるでしょう。


人が携わり手作業でやることに価値があると信じていたことも、「本当に価値があるのか?」「人がやらなければならないのか?」と考え直してもいいかもしれません。


例えば、おにぎり。手作りおにぎりは美味しいと思っていましたけど、別に手づくりでなくても美味しいです。かえって手作りの方が、誰がどのような環境で作っているか分からないので安心できない。それに機械の方が生産能力が高い。


あるおにぎり成型機は、毎時3,000〜5,000個の成型が可能だとあります。反面、手作りは生産性が悪く、どうしてもその分のコストを価格に転嫁しなければならない。営利を目的とするなら、製造原価に影響する人力でやる必要はない。機械導入時に設備投資金額は増えるが、人件費の削減で時間が経過すればペイできる。


レスキャッシュ(現金完全廃止のキャッシュレスではなく、現金決済の機会を極力少なくする)も同じです。観光地で未だにクレジットカードお断りのお店があります。支払いは現金だけで、人が受取りお釣りを戻す。この作業だけでも無くすか簡素化すれば、労働力の削減も可能になる。更に、テーブルの上でスマホ決済が出来れば、お互いにもっと幸せな気分になれると思います。


こんな面倒なことでは、いずれ「大変不便な店」と利用者に判断され、淘汰されてしまうかもしれません。今は、産業革命のときに起こった「ラッダイト運動」の時代と違い、労働力が不足しているから機械化せざるを得ないのです。


しかし、いずれ省人化が進行し社会の中に浸透していけば、人手不足は解決できる。とは言え、全てが自動化できないですから、自動化できない分野に携わる人は生き残り、自動化の可能性が高い仕事をしている人は生き残るのが困難になる。いずれ、二極化するでしょうね。


機械が出来る仕事は付加価値が生み出せないから労働単価も安くなる。「私は、1時間におにぎり300個作れます」では、機械に敵うはずもありません。


18世紀半ばから19世紀にかけて起こった産業革命の時代は、機械の進歩や普及により、生産効率自体が飛躍的にアップして企業の生産力が向上しました。そして、増えた分の利益が資本家から労働者たちへ給料の形で還元されます。これで、彼らの所得が増え中産階級が生まれた。


果たして現代はこの図式が成り立つのか、甚だ疑問です。それとも、気合を入れて、今からおにぎりを1時間あたり3,000個作れるように努力しますか?

posted by ヨッシー at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月04日

ファックスDMの迷惑さは切腹ものだ!

毎日のように送信されてくる、ファックスDMが鬱陶しいです。


昨日送信されたきたのがこれ。ファックスDM


本当に勘弁してください。


外出先でいきなり遭遇した、通り雨より鬱陶しいです。


お店で注文したオムライスが、なかなかテーブルに運ばれてこないほどイライラします。


これ、紙とトナーの無駄遣いです。もちろん、その費用は受信側負担です。


止めてください。あなた様の営業内容に必要性を感じたなら、私の方から連絡いたしますから。


営業のアプローチ方法として、テレアポリスト・DM送付先リスト・メールマーケティングリストを送るとありますけど、実践するのはやめてくださいね。


・テレアポは話す時間が必要になりますから、時間の無駄です。

・DM送付はゴミ箱へ直行しますから、ゴミの量が増えて彦根市の財政を圧迫します。リサイクルする価値はありません。

・メールは即削除しますから、スパムメールと同じで読みません。


DMにある無料プランなど、全く興味をそそりません。


「無料!」「今だけ!」「限定〇〇名様」「今がチャンス!」「簡単に楽に」誘導しようとするキーワードが満載です。


「簡単に誰でも」や「無料」で引き付けて、その後に高額プランに引き込もうとする魂胆が丸見えです。


良いサービスには、それなりの費用がかかります。それでも無料とするなら、その裏で低収入で働いている誰かがいるのかも知れません。


顧客層のセグメントができているかどうかもわからないから、営業先リストをいただいてもね〜。


そして、このファックスDMと同じことを繰り返すこともあり得る。


これでは迷惑営業が拡散する訳で、私の様に不愉快な思いをする人が増え続けます。


一方的に送られてくるから、毎年私を悩ませるスギ花粉のように防御しようがない。


おまけに、「送信不要な方はお手数ですが停止受付へご返送ください」とある。


おいおいおい。どれだけ相手に手間をかけさせる気ですか?


あなた様から勝手に送りつけてこられたDMに対して、こちらが更なる労力を投じなくてはならない?いい加減にしてください。新正堂の「切腹最中」を持って、謝りに来て欲しいくらいですよ。


こういったところは、一方的で自分の都合ばかりを優先していますよね。


いままで送られてきたファックスDMで、私が必要だと感じことは一つもありませんから。


そりゃぁ、そのうち下手な鉄砲でも数を撃ち続けていれば一つくらいは当たるかもしれませんけど、その流れ弾が関係もない人に当たりそうになり、迷惑しているのをわかっていただきたいのです。

posted by ヨッシー at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月31日

不動産購入は負動産購入になるからやめにした

「過疎」というのは、地域の人口が減ってしまうことで、その地域で暮らす人の生活水準や生産機能の維持が困難になってしまう状態をいい、そのような状態になった地域が「過疎地域」といわれています。


ちなみに滋賀県では、一部過疎地域として2カ所あります。


         平成27年国調 平成22年国調  
長浜市(旧余呉町)  3142人     3526人    
高島市(旧朽木村)  1837人     2072人    


過疎地域は人口減少のため経営効率が悪く、娯楽施設、レストラン、美容室、学校、病院など人々が生活するために便利な施設は減少していきます。そんな不便な地域だから若者は離れていき、さらに過疎化を加速させます。


地域から人が離れていくのを阻止するため、国と自治体は税金を使って道路を整備し、水道管を更新し、ゴミ収集に向かい、診療所を整える。今はいいかも知れませんが、費用対効果を考えると終焉の日を視野にいれておくべきでしょう。


その財源は我々の所得税やたばこ税、酒税などにより賄われていますから、こんな状態がいつまでも続く訳がありませんから。


高齢者ばかりの地域いずれ寿命を迎え、誰もいなくなります。ただ延命していても問題を先送りするだけです。いつか誰もいなくなる。


「田舎暮らしはいい」と美しいイメージにつられて移住しても、現実とのギャップに落胆することはあります。道はデコボコ(実際私の実家がそうです。)で買い物さえままならない不便さ。煩わしい昔からの慣習など。たまに訪れる程度なら問題ないですが、いざ住むとなると不便さを覚悟で住むしかない。


実は私、ある地域の不動産購入を検討しておりました。しかし、見送ることにしました。購入後に発生する維持管理の労力と固定資産税や管理費を考えると、購入は得策ではないと判断したからです。


一番の原因は現地を見てがっかりしたことです。「えっ!ここ?」という思いで、さすがに惨状を見てそれに耐えられるほどの胆力を持ち合わせていない。


そして、過疎化のため地価下落が止まらない地域であり、これを購入すると将来売りたくても売れない不動産になる可能性が大きい。さらに、建物は老朽化しますから、壊すとしたら誰がその費用を負担するのか。また、相続するにもこんな負債に近い物件を相続してもらえるはずもない。


放置しておくのも選択肢の一つですが、あいにく私は「放置〇〇〇」の趣味を持ち合わせていない。


マンションも同じで、安価なリゾートマンションが販売されていますが、購入したが最後、負動産になることもある。管理費、修繕積立金が毎月発生し、固定資産税は毎年発生する。使用してもしなくても、この費用は支払わなければならない。


マンションは運命共同体です。マンション所有者達の管理費や修繕積立金の滞納が多額になれば、思うように維持管理できず、やがてスラム化する可能性がある。いざ、そんな物件を売却しようとしても損失になる恐れがあり、いずれ保有し続けるか売却するかの判断に迫られる。一戸建てのように自分自身でコントロールできないとなると、身動きがとれなくなる。


不動産を所有する考え自体、今の時代にそぐわないと考えます。いつまでも旧来の価値観である「不動産を所有するのがステータスだ!」の考えを改めないと、自分が高齢になったとき後悔する可能性は高い。


しかし、豊かさの定義は人により違います。過疎地に行きたい人はそこに住めばいい。不便さが耐えられない人は人口の多い地域に住めばいい。


いずれにしても人口減少は抗えない事実です。今後空き家は確実に増加していきます。個々において、選択の時代が始まったようです。


参考までに、滋賀県草津市の現状です。

(抜粋)草津市においては、住宅数の増加率が国・県と比べ大きいにも関わらず、空き家率は増加しておらず、平成 25 年の空き家率は 9.2%となっています。

このコメントが気になります。


確かに空き家率は増加していません。しかし、絶対値との関係性を見ると、草津市も空き家件数は確実に増加しています。

ついでにこちらも。高島市空家等対策計画

明らかに人口減少トレンドです。ここで、計画書2P目にあるグラフ横軸の年数表示が気になります。平成72年ですか!?平成がいつまで続くのでしょう?平成天皇はそんなに長生きできるの?


計画書の発行日は平成29年ですから、なんと127歳!!


おめでとうございます!フランスのジャンヌ・カルマンさんの122歳164日の長寿記録を超えます。


そんば馬鹿なこと考えさせないでください。困るのは、元号は計算し難いことです。特に元号変更の年に生まれた人の年齢を計算するのがややこしい。計算能力が衰えた私の脳にも優しくない。そろそろ引き算できる西暦表示にしたらいかがでしょうか。


計画書によると二次的住宅(別荘など)が沢山空いており、安く購入できそうです。これは、憧れの別荘オーナーになりたい方にとってチャンスかも知れませんねでも、固定資産税はしっかりと徴収されます。ここは地方自治体の譲れないところですから。


税制面で免除や割引など、優遇制度があればいいですね。


この計画書の中に気になる部分がありました。どうやら、建物は古く使い勝手が悪いようです。その証として、高島市は計画書の中でこう書いています。空家を購入する方の邪魔をするといけませんから、小さく書いておきますね。

(抜粋)別荘として建築されたものの中には、その後居住の用に供されるようになったものもありますが、インフラの整備状況によっては居住には使いにくい地区や家屋の構造から、将来的には空家等となる恐れが高いと考えられます。


さらに、空家所有者のアンケート内容をよく読むと、沢山の悩み事を抱えていらっしゃる様子。困っている内容がこうも具体的過ぎると、空家を購入するのに躊躇してしまいます。


現在の所有者から次の所有者へ苦労と問題が移転する。購入した後、今ある悩み事や負担がそのまま移転してしまうのは避けたいところです。これではトランプのババ抜きです。表向きは普通に見えますが裏を返せば・・・ですね。


では、高島市が掲げる「美しく、暮らして楽しい空間に感じられるような環境づくりを目指す」には一体どうすればいいのか?


残念ながら私にはいいアイディアが思い浮かびません。滋賀県人でも魅力を感じないモノを、県外の人に魅力的に感じさせることが出来るのでしょうか?セールスマンとして考えるなら、申し訳ないですが自分が気に入っていないモノを人様にお勧めできません。


最後に言っておきますが、これは特定地域だけに限りません。日本全体の問題です。


最後に彦根市の空き家バンク制度はこちら。


どの物件も、素晴らしいビンテージものばかりですね。

posted by ヨッシー at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月27日

どうせ同じ人生なら色を好もう!

「英雄色を好む」は、その通りだと思います。


北都物語の一説を引用いたします。

「英雄色を好む」というが、大きな仕事をするほどの人は、女にかけても相当らしい。それは金があるから女を得られるのではなく、仕事をやろうというエネルギーがあるから、女も得られるのかもしれない。仕事と女を得ることは、エネルギーを必要とするこことで、共通しているところがあるのかもしれない。

引用終わり。


これは同感です。

お金が得られたのは、仕事した努力の結果です。お金を得ようと行動したからこそ、その結果としてお金を得られる。そして、そうして得た結果(お金)によって自由度が高まり、女性を射止めることが出来たのです。


さらに、精力的な男性を見た女性は性的魅力を感じるように思えます。女性から見て魅力的な男性とは、精力的エネルギーが身体から満ち溢れている人をいうのではないでしょうか。


では、男性の精力的エネルギーとは何か?それは、女性に安全と安心を与えてくれる力だと考えます。男性が社会に出て大きく活躍し、得てくるモノが多ければ多いほど女性は安心できます。要するに経済力です。経済力があれば、トラブルに対する抵抗力も強くなり安全でいられます。


でも、世間ではこの様な男性は目立ちます。もし同性としてそんな男性に会ったら、中には妬み羨む人もいるでしょう。そんな人は、「あの人は悪いことをしている」「あんなのどうってことない」「女んなんかつくりやがって」「お金さえあれば」といって毛嫌いします。


正直、同じ男性として自分より勝っていると思うと悔しいですよね。


しかし、相手を貶めるのはやめにしましょう。こんな行為は負けを認めるに等しいからです。


そんな人は、自分に自信と勇気が持てないのです。自信と勇気が持てない人は相手を貶め、何らかの理由をつけ少しでも心の安定を図ろうとします。現実を見つめ、潔く負けを認め相手を称えましょう。その方がよほど潔い。貶しても、その行為自体に何の生産性もありませんからね。


自信と勇気が持てないのは、安定思考があるからかも知れません。安定思考とは変化しない思考です。変化しないのは、変化に対して恐れを抱くからです。変化に対して恐れを抱くのは、勇気がないということになります。


勇気のないそんな貴方の姿を見た女性は、貴方に憧れるでしょか?いえ、幻滅することでしょう。


勇気が持てない男性は、多分女性にもモテないと思われます。女性に対して、安全と安心を与えてくれないからに他なりません。どうしてかと言うと、女性の子孫繁栄欲求に関わる問題だからです。


女性の社会進出が目ざましいとはいえ、世の中まだまだ男性側に女性に対する生殺与奪権がある事の方が多いです。男性の甲斐性次第で、女性とその子孫の運命が決まってしまうからです。これは、否定できないと思います。決して、男女差別ではありません。動物としての役割分担だからです。


勇気の「勇」。この漢字の意味は、「力」が形、「甬」が読みを表します。「甬」とは手桶(ておけ)で、水が湧き出すことや勢いのある様子を表す。物事を成す力が勢いよく湧いた状態が「勇」です。周囲が躊躇するときでも、恐怖や不安な気持ちを抑えて気持ちを奮いたたせることのできる勇ましい人になれという意味合いがあります。男として心身共にたくましく、自信を持って我が道を進める人になれ。


これ、かっこいいじゃないですか。


もし、女性が安心と安全を求めるなら、勇気がない男性と深い関係にならないことをお勧めします。


さもないと・・・。これ以上はやめにしておきましょう。

posted by ヨッシー at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記