2017年12月14日

底辺ビジネスはいけないのか?

う〜ん、この動画は腑に落ちないな。


底辺に対するビジネスも立派なビジネスである。

底辺に客層を絞れば、そこに活路も見いだせる。

貧乏は嫌だが、貧乏人を相手にしないのはもっと嫌。自分も
今のこの時代では、いつ極貧生活になるか判らない。

私の知り合いに、底辺ビジネスをしている人がいる。

どのような仕組みかは言えないが、うまく考えられた仕組みである。もちろん、相当稼いでいる。

底辺層にビジネスを行うことにより人助けにもなり得え、世の中には必要悪も存在する。

経営なんて、経営者が持つ経営スタンスや考え方により、正解にもなり不正解にもなる。

正しい答えなど何処にもなく、法律も万能ではない。その証拠に、日々事件は発生しているではないか。

職業に貴賎などない。

そもそも立派な職業とは何か?

国家公務員、医師、弁護士、上場企業の役員、僧侶、宮司、デリヘル嬢、飲み屋のママ、フリーター、トラックドライバー、美容師、飲食業、会社経営、建設作業員、ガードマンなど数え上げればきりがない。

少なくともここで言えるのは、不祥事を起こしていない職業はない。

今の時代にクリーンだと言える人は一体何人いるのだろうか。

こうなると、どの職業が立派な職業であると誰も決められない。

家族を養い家族を幸せにしていれば、家族にとってはそれで立派な職業である。

動画の本人だって、取捨選択しているから動画のようなことが言える。全て不確かな価値観が判断基準となる。

世の中は皆繋がっている。

自分一人で職業として成り立たない。

底辺だと言われている人々に、手を差し伸べるビジネスがあってもいい。

無論、こんなことを書く私も常に自分の利益を追い求めている。

この非両立関係を解決する術を持たない私。

答えがないから多様性が生まれ議論が始まる。

人の一生を以てしても、解決できない問題である。

posted by ヨッシー at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月27日

日本人が日本国内で消費できない!?

どこへ行っても外国人観光客が多くて困る。テーマパークや百貨店、観光地など大勢の人でごった返す。こうなると、日本人が行きたくても大勢の人で溢れ返っているので敬遠する。特に京都市内はなるべくなら近寄りたくない。


こうまでして何で外国人のために日本の労働力を使わなければならないのか。国際収支は変動相場制のため、輸出や外国人観光客でGDPを増やし国を発展させることは困難。GDPへの貢献度が高いのは、日本人が国内で消費すること。


これが外国人観光客の影響でできなくなっているので、いくら外国人観光客が増えても日本経済への貢献度は低い。日本の労働力を日本人のために使うことでGDPは成長する。日本人が遠慮して日本国内で消費できないなんて勘弁してほしい。


外国人観光客のために国外から労働力を確保しようとするのもいけない。かつての産業革命がそうだったように、人口が減れば社会に変化は起こる。人のやっていた仕事がAIやロボットに置き換わる。今がその過渡期だと思われる。


大きな変化が起きようとしている時代に取り残されるのは、過去の成功体験や方法に執着しているからに他ならない。


スコップ一本で人が穴を掘っている時代じゃあるまいし、人口が減少してGDPが伸びないのは、人口減少以外に原因があるのではないか。


続きを読む
posted by ヨッシー at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月17日

アクアウィッシュ【除菌・消臭液】のニューボトルがリリースされました。

11月より除菌・消臭剤「アクアウィッシュ(電解次亜水)」のニューボトルがリリースされました。デザインも新たになり、用途別にご使用いただけます。


新ボトル500mlペット用 

 ペット用500ml

新ボトル500ml特養用

 特養老用500ml

新ボトル300mlトリガー

トリガータイプ300ml

新ボトル500mlトリガー

トリガータイプ500ml

500mlプッシュボトル

 プッシュボトル500ml


今までの除菌・消臭剤は、「毒を持って毒を制する」といった商品・製品がほとんどでした。アクアウィッシュ(電解次亜水)は、そういったもともとの考え方を覆した商品です。


「良い物で悪い物を制する」取扱いなどにリスクのないように安全・安心に使用でき、更にしっかりと除菌するということを考えて作られた商品です。


アルコールのように手荒れがするものではなく、なるべくそれを抑えられるよう中性にし、また、火気厳禁といった注意事項も少なく、次亜塩素酸ナトリウム(ソーダ)のように間違ったものと混ざると有毒なガスが発生するという危険なものでもなく、水と塩だけで電気分解により生成された次世代の画期的な商品、それがアクアウィッシュです。この商品の成分である「電解次亜水」は、食品添加物として指定されています。



犬パルボウイルス/猫パルボウイルス両方に対する効果も証明されております。


パルボウイルスは、強力な感染力です。

*動物病院の獣医師が最も診察したくない病気のNo.1とも言われており、診察を断る動物病院もあるくらいです。


パルボウイルスとは、自然界に生息するウイルスの中でも特に小さな部類のウイルスと言われています。パルボウイルスは生存力が特に強く、日本の環境下で半年から一年生き延び、執拗に広まっていきます。


犬の場合は、一歳未満で発症することが多いと言われていますが、猫は年齢に関係なく発症し、予防に効果的なのはワクチン接種ですが、ペットショップでワクチンを接種する前に発症したり、室内犬であっても飼い主が野外で靴にウイルスをつけて帰宅して感染するケースが多いと言われています。


アクアウィッシュは、このパルボウイルスの不活化効果があることが認められましたので、エビデンスも公開しております。




いろいろな使用方法で衛生管理をバックアップします。

 ・高齢者福祉施設

 ・病院

 ・生野菜の除菌、鮮度管理

 ・飲食店のキッチンやトイレ

 ・生ゴミ臭

 ・ハウスクリ―ニング

 ・ペットの消臭や空間の除菌

 ・喫煙室・

 ・ホテルの客室

 ・事務所、学習塾

 ・牛、豚、鶏、の飼育施設 など


ご用命の際は、弊社までお気軽にお問合せください。 


posted by ヨッシー at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月31日

AIの進化は恐ろしい

ゴールドマン・サックスが自動株式売買プログラムを導入し、トレーダーを2人にしたと報じられています。




いやはや、AIの進化速度は予想より早く進化していますね。AIは、金融業界にはぴったりでしょう。いずれ、医師の診断や企業診断もAIで行われるでしょう。そうなると、や誤診もなくなります。もはや人は、エラーを発生させるリスクになり得ます。


そんな時代において、「接客販売技能検定」という国家資格が誕生してています。


三越伊勢丹が猛烈なリストラを行っている中で、設けられたの国家資格ですけど、そもそも人が必要ないからリストラするのに、国家資格を与えて人に販売させる意味があるのでしょうか。


洋服や商品は、ネット販売が主流になっています。今の若者たちは、百貨店で物を買いません。わざわざ時間を割き、出向いて対面販売の煩わしさと闘い、一旦お店に入れば購入しなければならないプレッシャーがあるお店に行こうとしますか?


そんなプレッシャーを感じながら買い物するなど以ての外で、それを敬遠する人たちは、インターネットのお店で購入します。インターネットだと24時間中、好きな時に好きな物を予算に見合った価格で購入できます。


以前は、百貨店は品揃えが多く、高級志向で購入する人は一種のステータスを感じていたことでしょう。しかし、今となってはネット上で豊富なアイテムの中から、自分の価値に見合った物を購入できるので、百貨店は価格が高いだけであり魅力はありません。社会保障費の増加により、過少分所得も減っていますから、人件費と固定費が上乗せされた価格の商品を販売する方法は、今後減少する方向に向かうでしょう。


電子マネーもありますから、決済も簡単。未だに、現金主義のお店も多いですけど、いずれ電子マネー使えないお店は敬遠されることでしょう。現金決済が無くなれば、脱税防止にもつながります。


人手不足と騒がれていますけど、人を使わなくてもAIや自動化でどうにかなる業種も多いはずです。企業の管理職も必要なくなり、プレーヤーだけいて指示や経営判断はAIが行う。下手に感情を持ち出す人間より、よほど使い勝手がいい。今後、会社員という職業自体無くなるかも知れません。


過去の常識や体験に縛られてばかりいると、柔軟な考えができなくなります。昔の成功体験やシステムに捉われていると、そのうち生き残れなくなりますね。


posted by ヨッシー at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月25日

将来は、インターネット投票にすべき

衆議院選挙も無事に終わり、新たな議員による国会運営が始まります。私が信任した政党が今後どのような政策を実行するのか、大変楽しみなところです。


私個人としては、今となっては税金と同感覚になった、社会保険料の増加を止めていただきたい。それと、医療行為を受ける際、長時間待たされることの改善を求めます。仕事を休んで



しかし、毎回思うのですが、あの投票所に出向き投票する方法を改善できないものでしょうか。「一部でも、インターネットでスマホから投票できるようになればいいのに」と毎回思います。


現在の方法では、投票所、投票箱、投票用紙、立会人、開票作業など、多くの人員と時間とコストがかかります。


た、有権者側もわざわざ出向くことになり、とてもおっくうです。投票行動が仕事の都合や天候に左右されることによって、結果投票率に影響を及ぼします。期日前投票もいいですが、まず投票所に出向くことが自体が面倒なので、投票率を向上するためにはこれを解決する他ありません。


旧態依然としたシステムを見直し、もっと効率の良いシステムに移行する時代です。


そうすれば、投票率も上がり、多くの民意が反映されることになるのではないでしょうか。

posted by ヨッシー at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記